× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
日中綜合情報
 
 
 
 
東久邇宮国際文化褒賞授与式を開催
——在日ジョージア代理大使ティラムズ・レジェバ氏、伸和工業株式会社・西村浩社長らが受賞
11/18/2020 9:40:40 AM  
 
 

10月14日、東久邇宮国際文化褒賞授与式が国際文化会館で開催され、在日ジョージア大使館臨時代理大使ティラムズレジェバ氏、伸和工業株式会社の西村浩代表取締役社長、香港新興和生物科技有限公司の呉贇宙代表取締役社長ら9名が東久邇宮国際文化褒賞を受賞し、東久邇宮国際文化褒賞記念会代表理事、文化褒賞実行委員長の明川文保氏から褒賞が授与された。

2020年の東久邇宮国際文化褒賞授与式の席上、記念会代表理事の明川文保氏は祝辞のなかで、第43回東久邇宮国際文化褒賞授与式を国際会館において開催し、各分野で輝かしい業績を上げている受賞者の皆様を表彰できたことを喜ばしく思うと述べた。

東久邇宮記念会の吉村靖宏会長はこの日出席できなかったが、「東久邇宮殿下はこのような発明についてこのような哲学を持っていました。『発明には上下貴賎の別はない。ノーベル賞を100とるより、国民一人一人が小発明をすることのほうが大切だ。おいしい味噌汁を発明した人は、文化勲章より価値がある』。本日受賞された皆様は、文化の領域で功績を挙げられましたが、この受賞を機にさらに研鑽に励み、さらに大きな貢献をされることを期待します。皆様が東久邇宮の希望、哲学と精神をさらに発揚させてくださることを願っています」と祝賀のメッセージを寄せた。

在日ジョージア大使館臨時代理大使ティラムズレジェバ氏、伸和工業株式会社の西村浩代表取締役社長が受賞者を代表してあいさつした。

在日ジョージア大使館臨時代理大使ティラムズレジェバ氏は、今回の受賞に感謝の意を述べ、「アジアとヨーロッパに跨る国ジョージアは悠久の歴史を持ち、多様な文化の影響を受け、自国の独自の民族文化、風土と人情、価値観を発展させてきました。ジョージアと日本には少なからず相通じるところがあり、おもてなしを重視し、人間関係を重視し、歴史と伝統文化を継承するという共通点があります。私も日本には深い気持ちを抱いています。また、ジョージアと日本には30年の外交の歴史があり、様々な分野で密接な関係を持っていますので、私は今後も継続して両国の広範な国際交流を推進していきます。本日このような賞をいただけたのも、両国の友好関係を推進する全ての人々の努力の賜物と、大変感激しており、ありがたく賞をいただきたいと思います」とあいさつした。

伸和工業株式会社の西村浩社長はあいさつのなかで、「本日はこのような名誉ある賞をいただき、誠に光栄です。私が賞をいただけた理由は、環境問題への貢献ですので、少しご説明させていただきたいと思います。2011年3月11日、東日本大震災の発生後、各地で停電が発生しました。電気がライフラインの時代、地球温暖化は世界的な問題となっており、二酸化炭素の削減は喫緊の課題ですので、さらにクリーンなエネルギーを探さなければなりません。長い間、当社では欧米、中国などと大型の企業提携を進め、日本を含めた多くの国々で大規模な太陽光発電事業を展開し、SDGsの実現を促進しています」と紹介した。

西村浩社長は積極的に社会的責任も引き受けている。2020年3月、日本は新型コロナウィルスの感染拡大に直面し、マスクなどの感染防止品が不足した。伸和工業株式会社のサポートのもと、中国企業のDaddybaby社が大阪府にマスクと防護服を寄贈した。大阪府の山野謙副知事が大阪府民を代表して寄贈された品を受け取り、伸和工業株式会社とDaddybaby社の善意に対して感謝を表した。西村浩社長は、「東久邇宮国際文化褒賞の受賞で私の活動が認められ、私の肩にはさらに重い責任が加わりました。今後は一層環境保護に力を入れ、SDGs事業を推進し、社会の課題解決のために貢献していきたい」と述べた。

東久邇宮記念会は東久邇宮記念賞、東久邇宮文化褒賞を設けており、この二つの賞の著名な受賞者には、三木武夫、中曽根康弘、竹下登元首相、トヨタ自動車の豊田喜一郎元社長らがいる。日本の文化的分野、経済活動分野、国際貢献分野で傑出した功績を築いた人を表彰するため、東久邇宮記念会は2009年3月東久邇宮国際文化褒賞を設立した。この賞は、発明、技術開発事業で、人、物、情報、資金の交流に活躍した人たちを表彰するものだ。この賞設立以来、米国、韓国、インドネシア、中国、タイなどの国々の様々な分野のエリートたちが受賞している。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
电话:代表 03-3980-6635 编辑部 03-3980-6639 营业部 03-3980-6695
Copyright 2004 JNOC, All Rights Reserved