× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
まず「4+1」エリアで試行
中国が発行する「デジタル人民元」とは何か
9/25/2020 12:39:44 PM  文/呉雨
 
 


紙幣

商務部はこのほど「サービス貿易革新発展試行の全面的深化に関する全体プラン」を通達し、デジタル人民元の今後の試行エリアを発表した。北京天津河北、長江デルタ、粤港澳大湾区(広州、仏山、肇慶、深圳、東莞、恵州、珠海、中山、江門の9市と香港、澳門<マカオ>両特別行政区によって構成される都市圏)と中西部の条件を満たした試行エリアで試行する。すでに決まっている内部閉鎖型の試行実施エリアは「4+1」で、まず深圳、蘇州、雄安新区、成都と2022年冬季五輪会場で先行してテストが行われるという。

関係者によると、ネットで伝えられた北京、天津、上海など28ヵ所での試行は、実はサービス貿易革新発展の全面的な深化の試行だ。深圳、蘇州、雄安新区、成都はそれぞれ粤港澳大湾区、長江デルタ、北京天津河北、中西部の代表であり、中国人民銀行(中央銀行)はこの4エリアでデジタル人民元の試行テストを展開しているという。

デジタル人民元とは一体何か

現在、多くの国が法定デジタル通貨の研究を進めているが、技術ロードマップ、運営システム、投入経路がそれぞれ異なる。人民銀行の易剛総裁はかつて中国の法定デジタル通貨について、「人民銀行はデジタル通貨と電子決済ツールを結びつけて、一括した計画を打ち出す予定だ。目標はデジタル通貨が一部の現金の代わりになることだ」と述べた。

つまり中国の法定デジタル通貨は、紙幣をデジタル化して現金に取って代わるものであり、「人民元をデジタル化したもの」ということだ。中国人民銀行デジタル通貨研究所の穆長春所長はこのほど、「デジタル通貨の機能と属性は紙幣と全く同じで、ただ形態がデジタル化しただけのことだ」と述べている。

易氏は、「現在、デジタル経済はグローバル経済の成長においてますます重要な駆動力となっている。法定デジタル通貨の研究開発と応用が進めば、人々のデジタル経済の環境下での法定通貨に対するニーズを効率よく満たし、小売での決済の利便性、安全性、偽造防止のレベルを高め、中国のデジタル経済の急速発展を後押しする上でプラスになる」と説明した。

デジタル人民元の使い方

モバイル決済が私たちの日常生活に深く溶け込むにしたがって、デジタル人民元の利用シーンも珍しいものではなくなってきた。穆氏は利用シーンを次のように描写する。「携帯電話にデジタル人民元のデジタルウォレットが入っていれば、ネットワークさえ不要だ。電話に電源が入っている状態で、携帯電話同士を『近づけて接触させる』だけで、一方のウォレットにあったデジタル通貨を、もう一方のウォレットに移動させることができる」。

これは今の非接触型決済手段に似ているが、違いもある。デジタル人民元は決済時に銀行口座と紐付けする必要がない。一方で、微信支付(WeChatペイ)や支付宝(アリペイ)の決済振り込みはバックグラウンドで引き続き銀行カードとの紐付けが必要だ。

デジタル人民元と

ビットコインの違いは何か

人民銀行がデジタル通貨の研究を始めると発表した時には、多くの人がよく理解できず、人民銀行版の「ビットコイン」を発行するのだと考えた人もいた。

易氏がさきに明確に指摘したように、「デジタル人民元は開発作業において技術ロードマップを設定せず、市場での公平な競争でより優れたものを選べるようにし、ブロックチェーン技術を検討する可能性もあれば、既存の電子決済を基礎として進化した新技術を採用する可能性もあり、市場の積極性と創造性を十分にかき立てることになる」という。

ここからわかるのは、ブロックチェーンはデジタル人民元の開発で検討される技術ロードマップではあるが、唯一の選択肢では決してないということだ。

ここ数年、ブロックチェーンが大量の企業や資本の参入を呼び込み、このことと関連した「暗号通貨」もホットワードになった。一方で、ビットコインを代表とする暗号化されたデジタル通貨は一定の熱心な支持者を獲得した。また一方で、ブロックチェーンの「看板」を掲げた違法な資金集めがしばしば発覚している。

このため、多くの専門家が、「デジタル通貨の未来は『投機行為』と切り離すことが必須だ」と率直に述べ、前出の穆氏も、「『人民元は使うもので投機するものではない』との方針を堅持する必要がある」と強調した。ここからわかるのは、デジタル人民元は流通し使用するものであり、決して投機の対象となり金儲けのために使われるものではないということだ。


モバイル決済

いつからデジタル人民元を

使えるようになるか

人民銀行は2014年に法定デジタル通貨の研究をスタートした。2017年末には、国務院の承認を経て、一部の実力ある商業銀行と関連機関を組織して共同でデジタル人民元システム(DC/EP)の研究を展開した。それではいつになればデジタル人民元の真の姿が明らかになるのだろうか。

人民銀行によれば、現在、デジタル人民元はグランドデザイン、標準の制定、機能の研究開発、連携調整テストなどの作業がほぼ完了しており、これから深圳、蘇州、雄安新区、成都と2022年冬季五輪会場で内部閉鎖型テストが行われる。順調にいけば、北京冬季五輪で全容の一端が明らかになるという。

デジタル通貨を実際に投入し使用するには、理論の信頼性、システムの安定性、機能の実用性、プロセスの利便性、シーンでの応用性、リスクのコントロール可能性を検証しなければならず、またマネーロンダリング対策、テロ資金調達対策、脱税対策といった監督管理の要求にも応えなければならず、一連の研究、テスト、評価、リスク対策などをクリアする必要がある。このため、人民銀行もたびたび表明しているように、デジタル人民元にはまだ公開されたタイムテーブルはない。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
电话:代表 03-3980-6635 编辑部 03-3980-6639 营业部 03-3980-6695
Copyright 2004 JNOC, All Rights Reserved