× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
上海ディズニー再開後に起きた変化とは何か
7/22/2020 1:22:34 PM  文/李佳佳
 
 


再開した上海ディズニーランド

上海ディズニーランドが5月11日に世界に先駆けて営業を再開してから、ちょうど1カ月が経った。再開後の30日間に、どんな変化があっただろうか。

再開後、上海ディズニーにやって来た大勢の来園者が最初に感じたことは、人と人との距離が「遠くなった」ことだ。各エリアの並ぶ通路の調整でも、アトラクション設備でも、グループとグループの間は1つ空けるルールになり、小型の乗り物のアトラクションでは、1つの乗り物に1グループしか同乗できなくなった。来園者に安全な距離を保つよう呼びかけるため、キャストが各エリア、ショップ、レストランなどに距離キープのマークを2000カ所以上設置し、手持ちのプラカードも300点以上作成した。

距離が遠くなり、予約もオンラインに変わり、予約待ちカードも登場した。指定されたエリアの予約待ちカードを手に入れなければ、選択した時間帯にエリアに入って列に並ぶことはできない。

普段なら来園者とふれあい、一緒に記念写真を撮るディズニーの仲間達との距離も遠くなった。彼らは今は新しいスタイルで来園者と対面し、たとえば優雅なプリンセスたちはお城のバルコニーからあいさつを送り、毎日の閉園時間にはミッキーと仲間達が時計台に立って、「さようなら、また会いましょう」と手を振る。安全な距離を保つため、ミッキー達との直接の交流や近い距離での記念撮影はしばらくお預けだ。

変化はバージョンアップした消毒作業にもみられる。上海ディズニーの各エリア、レストラン、ショップには、水不要の消毒薬が設置された場所が400カ所近くあり、来園者にこまめな手洗いを呼びかけるマークも500カ所近く設置した。ディズニーランドの清掃作業は元々高い水準だったのがさらに回数が増えて、来園者が触れる可能性のある場所、たとえば手すり、肘掛け、屋外の休憩用イス、トイレ、アトラクションの乗り物などは、すべて消毒されている。

距離が遠くなり、消毒の回数が増えても、ディズニーランドの楽しさが減じることはない。それどころか、感染症で家に隔離されていた来園者たちは、上海ディズニーが送り出すワクワクドキドキをあますところなく体験できる。例えば、ウォルトディズニーグランドシアターでは毎日「ディズニーカラーフェスティバル」のショーが上演され、「マーベルユニバース」も華麗に変身し、マーベルのキャラクターをテーマにしたよりクールな没入体験ができる。再現のレベルが高い「アイアンマンのコーナー」、品揃えの充実した「マーベルグッズ」のショップ、みんなに愛されてきたマーベルのヒーローたちとの出会いなど、さまざまな楽しみがある。

6月9日はドナルドダックの誕生日で、上海ディズニーも一連のお祝いイベントとサプライズを用意した。翌日10日には、ダッフィーの仲間の音楽好きでウクレレが上手なオルメルが初めて上海ディズニーにやって来た。

営業再開からの1カ月間、上海ディズニーでは毎日大きな変化や小さな変化があり、持続的な改善も新たな試みもすべて、世界中の人々がこの「世界で一番楽しい場所」に再びやって来ることを歓迎するためのものだ。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
电话:代表 03-3980-6635 编辑部 03-3980-6639 营业部 03-3980-6695
Copyright 2004 JNOC, All Rights Reserved