× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
スマート物流で「ラストワンマイル」対応
2019/10/25 10:09:17  文/呉迪
 
 


稼働中の物流ロボット

上海市で先ごろ行われた2019 WAIC世界人工知能(AI)大会開幕式で、中国科学技術部は最新の国家AI開放革新プラットフォームのリストを発表した。同リストには、スマート供給チェーンに代表される京東(JD.com)、基盤ソフト・ハードウェアに代表される華為(ファーウェイ)、スマートインテリア分野に代表される小米(シャオミ)などが含まれていた。新たな科学技術革命と産業変革の重要な駆動力であるAI産業の発展は、再び政策「ボーナス期」を迎えている。

広東省深圳市福田区で、黄さん(女性)は団地の宅配ボックスから荷物を受け取ろうしていた。黄さんがこの時行った操作は、ディスプレイに荷物受取番号を入力するのではなく、ディスプレイ上部のカメラを見ただけ。それだけで宅配ボックスは自動的に黄さんを識別し、ボックスの扉が開いた。黄さんは、「この顔認証システムはやはりとても便利だと思う。携帯電話を持ってくるのを忘れてしまっても、このシステムで顔認証をすればすぐに荷物を受け取れる」と語った。

近年、物流業界におけるデータの価値はますます高くなり、「ビッグデータ+AI」による物流輸送効率の最適化はもはやニュースではなくなった。新小売り時代にあって、「オンラインとオフラインの統合、サービス商品一体化」は、長期的かつ全面的に物流業の発展に影響を与えるだろう。今後はシェアリングITプラットフォームによって、人や車両、使われていない倉庫なども物流上でシェアされるようになると考えられる。物流資源は将来、クラウドコンピューティングのようにニーズに応じて費用を支払うようになり、多元化した運送能力や倉庫資源が社会化された物流に組み込まれていく可能性がある。

これまでは1万から1万5000点の箱入り商品を扱うのに、10人の作業員が毎日8時間作業する必要があった。それが現在では、無人倉庫のロボットが2時間で普通の作業員の1日の作業量をこなすことができる。これが新世代の無人倉庫が示す科学技術の力だ。京東のスマート物流倉庫「アジア1号」を例にすると、「アジア1号」は商品の立体化保管、ピッキング、梱包、輸送、仕分けなどの段階で、オートメーション設備やロボット、スマート管理システムを大規模に応用し、コスト低減と効率アップを図っている。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
妛峑 IT 晄摦嶻嬈 堸怘嬈 椃峴嬈 朄柋丒峴惌 嬥梈
塣桝嬈 捠怣嬈 恖嵽攈尛徯夘 堛椕丒寬峃 寶愝嬈 屸妝嬈 偦偺懠嬈庬
 友情链接: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
电话:代表 03-3980-6635 编辑部 03-3980-6639 营业部 03-3980-6695
Copyright 2004 JNOC, All Rights Reserved