× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
「中国天然酸素バー」が115地区まで増加
2019/09/25 14:05:12  文/劉毅
 
 


「中国天然酸素バー」と呼ばれる浙江省衢州市開化県銭江原郷

2019年「中国天然酸素バー」創建活動発表イベントが北京でこのほど開かれた。広東省連山チワン族ヤオ族自治県、浙江省青田県、内蒙古(内モンゴル)自治区阿爾山(アルシャン)市、浙江省遂昌県、黒竜江省鉄力市など51地区が、「中国天然酸素バー」創建地区という栄えある称号を獲得した。これにより、この称号を獲得した国内の地区は115地区に達した。

「中国天然酸素バー」創建活動は、2016年にスタートした。中国気象局公共気象サービスセンターの主任を務める中国気象サービス協会の孫健・会長は、「『中国天然酸素バー』創建活動は、生態文明建設という国の要求を遂行し、地方全域の観光を促進し、地方のエコ経済発展を推進することを目的として展開されている」と紹介した。

中国気象サービス協会、中国気象局公共気象サービスセンター、携程旅行網が共同で発表した「2019年中国天然酸素バー緑書」によると、今のところ、「中国天然酸素バー」創建地区の称号を獲得した地区の数量が最も多い5省は、浙江省(20地区)、陝西省(14地区)、江西省(11地区)、湖南省(10地区)、雲南省(8地区)となっている。

緑書によると、2016年から2018年に選出された創建地区64地区に対する分析の結果、これらの地区は、高品質の生態資源を備えていることが明らかになった。具体的には、年平均マイナス酸素イオンの強度が高く、創建地区の44%は1立方センチメートルあたり3000を上回った。また、大気の質が優れており、地区の77%は、通年の大気の質「優良」日数が90%以上だった。森林カバー率も高く、地区の37%は、森林カバー率が80%を上回った。旅行に適した時期が長く、地区の36%以上は半年以上となっている。

「中国天然酸素バー」創建活動は、毎年実施されており、各地区が自己申告を行い、審査を担当する専門家が、規範化プログラムを経て、各地区の気候、大気の質、大気中のマイナス水素イオンのレベル、生態・観光発展プラン、観光との組み合わせ状況などに基づき総合評価を行い、条件をクリアした地区を選出し、認定地区として認める。2018年以降は、地表観測のほか、中国気象局公共気象サービスセンター、中国気象サービス協会および国家衛星気象センターが協力して、衛星リモート・センシング技術を導入し、創建地区の森林カバー率、大気の質、酸素放出量、気候快適度に対する計算・分析・解読を行い、酸素バー生態レベルの検証を進めることで、酸素バー評価認定における科学性と権威性を高めることに成功している。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
妛峑 IT 晄摦嶻嬈 堸怘嬈 椃峴嬈 朄柋丒峴惌 嬥梈
塣桝嬈 捠怣嬈 恖嵽攈尛徯夘 堛椕丒寬峃 寶愝嬈 屸妝嬈 偦偺懠嬈庬
 友情链接: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
电话:代表 03-3980-6635 编辑部 03-3980-6639 营业部 03-3980-6695
Copyright 2004 JNOC, All Rights Reserved