× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
ガソリン車の販売を禁止する中国
海南省で2030年から実施
2019/04/23 17:17:50  文/黄曉慧
 
 

「海南省クリーンエネルギー自動車発展計画」(以下、「計画」)がこのほど発表され、同省は中国全土に先立ち2030年から「ガソリン車の販売を禁止する」とし、全ての車両のクリーンエネルギー目標とロードマップも明らかになった。

 
海南省で行われた新エネルギーオートショー

2030年までに「グリーンでスマートな外出・新海南」の目標全体を達成するために、「計画」は3段階の目標を制定している。第一段階として、公共サービスの公務車や公共バス、周遊タクシーなどの分野ごとに計画を制定し、100%新エネルギー車や100%クリーンエネルギー車に交換したり、新たに増やしたりする。第二段階は、社会が運営する分野の軽型物流車やレンタカーなどの計画を制定し、100%新エネルギー車や100%クリーンエネルギー車に交換したり、新たに増やしたりする。都市環境衛生や旅客輸送、都市部と農村部を結ぶバスなどは、2025年をめどにクリーンエネルギー化を実現する。第三段階は、個人所有の分野の車両をめぐって、新車に対する規制を厳しくし、現在使用中の車両に関しても交換するよう牽引することで、2030年までに省全体で100%新エネルギー車とすることを目指す。

段階的な目標に関して、「計画」は多くの分野の措置にも言及している。例えば、まず、高い効率で、スマートな電気自動車充電スタンドなどのインフラを整備していく。また今後も、充電をメインとして、天然ガススタンドをサブとし、水素ステーションを早い時期から設置していくという原則を堅持し、3年から5年をめどに、省全体をカバーし、各種クリーンエネルギー自動車を応用していく上での基本的な需要を満たしていく。また電池の充電も交換もでき、高速充電とスロー充電両方に対応し、さまざまなシーンと組み合わせ、スマート化された充電スタンド、天然ガススタンド、水素ステーションのネットワークを構築したい考えだ。

さらには新エネルギー自動車社会の円滑化や経済的使用環境の整備を進め、クリーンエネルギー車両をベクターとしたエコでスマートな交通体系を構築するほか、クリーンエネルギー自動車の全産業チェーンの高い品質の発展を促進し、多元化させた構造とスマートで、革新的なクリーンエネルギー供給体系を構築したい考えだ。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved