× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
「協調・協力」期に入る中日関係
11/22/2018 10:15:10 PM  
 
 

日本の安倍晋三首相が10月25日から27日まで訪中した。日本の首相の公式訪中は7年ぶりだった。中日関係が正常な軌道に戻る中、この重要な政治的交流に外部は大いに注目している。


中日経済貿易協力成果展示会を見学する李克強総理と安倍首相(10月25日・北京)

今回の訪中はどのような背景の下で実現したのか。両国さらに世界は何を期待しているのか。中日は両国関係が引き続き正しい軌道に沿って長期安定的に発展することを確保できるのか。

訪中時に中国の指導者と安倍首相が会談し、双方は中日平和友好条約締結40周年記念レセプションと第1回中日第三国市場協力官民フォーラムも催した。両行事への参加者数はいずれも1000人以上で、訪中のハイライトの1つとなった。

中国国際問題研究院の阮宗沢常務副院長は「この時期に盛大な記念行事を催したことには故きを温ねて新しきを知るとの考えがある。平和友好条約は中日共同声明の諸原則を法的形式で確認し、両国の恒久的な平和友好関係の発展を明確に打ち出した。中日はこの機を借りて条約の精神を再び温め、二国間関係の歴史と現在の位置付けを振り返り、今後どのように発展すべきかを考える必要がある」と指摘する。

中日協力には相互補完的強みがあり、拡大の余地も大きい。アナリストは「第三国市場協力の潜在力を掘り起こすことが、両国の実務協力の新たな成長源となっている。第1回中日第三国市場協力官民フォーラムが大いに注目されているのはこのためだ」と指摘する。

今回、安倍首相の訪中には経済界トップ500人余りが同行したという。中国社会科学院日本研究所の高洪所長は「これは対中協力の深化への日本経済界の意欲を示すとともに、訪問が二国間関係の発展を確かに後押しする見込みがあることを示している」と指摘する。

国際情勢に深く複雑な変化が生じ、不安定化要因や不確定要因が増加する現在、共に世界の主要エコノミーであり地域の重要な国である中日が二国間関係を正常な軌道で長期安定的に発展させることには、二国間の範疇を遥かに超える意義がある。

中国側が「一帯一路」構想を打ち出してから5年。すでに130余りの国と国際組織が中国と協力協定に調印した。安倍首相は昨年12月、コネクティビティと「一帯一路」の枠組での協力を中国側と積極的に検討したいと表明した。

アナリストは今回の第三国市場協力フォーラムについて、企業が先行する形で「一帯一路」建設に参加する日本側の試みに他ならないと見る。高氏は「これは第三国投資の成功に寄与し、中日双方のロスも減らす」と指摘する。

安倍首相はインタビューで「日中両国は世界貿易機関(WTO)など多角的自由貿易体制を強化するために協力を維持すべきだ」と表明した。

阮氏は「国際的に一国主義と保護主義が台頭する現在、なおさらに中日の協調協力強化が差し迫って必要である事は明らかであり、両国は共に多国間主義と自由貿易は双方の利益にかない、時代の潮流に合致すると考えている」と指摘する。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
电话:代表 03-3980-6635 编辑部 03-3980-6639 营业部 03-3980-6695
Copyright 2004 JNOC, All Rights Reserved