× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
在日華僑女流画家の呂娟氏
シンガポールの「一帯一路」芸術展に出展
2018/10/01 13:53:31  
 
 

在日華僑女流画家である呂娟氏が、シンガポール第8回『翰墨伝情』芸術展組織委員会の招請に応じ、同展の審査員を務めるとともに、7月30日から8月5日まで、『一帯一路翰墨伝情』芸術展の一環として、個展を開催した。

 

今年5月には、鄭州で河南省政府文化庁による呂娟『一帯一路•牡丹と桜の対話』絵画展が開催されている。呂娟氏にとって、この度の個展は「一帯一路」をテーマとした海外初の展示会となった。

シンガポール『翰墨伝情』芸術展はこれまでに7回開催され、毎回、国内外から著名な書画家を招聘している。第7回には中国遼寧の画家宋雨桂、第6回には同じく中国遼寧の画家陳学良、第5回には在米の書画家謝天成らを招聘している。呂娟氏は、シンガポール『翰墨伝情』芸術展が招聘した初の女流画家である。

呂娟氏は河南省鄭州市に生まれ、留学、就労を経て、日本での生活は28年になる。ここ数年、日本の著名な華人書画家で東京新画派を創立した金醒石氏や、日本の著名な女流画家の福田千恵氏の下で、水墨画、彩墨画、岩彩画、日本画等を学び、中日の絵画の融合に力を入れるとともに、西洋の技法も取り入れるなど、独自のスタイルを生み出している。

呂娟氏は創作への心構えについて、こう語る。「芸術とは個性の追求です。創作に当たっては、特に、『垣根を超える』ということにこだわっています。国境、形式、民族の垣根です。私は日本画を学ぶ過程で、中国画の要素が多くあることに気づきました。私の作品で、日本で最も権威ある美術展である日展に入選した日本画の『桜』は、日本画の顔料を使用し、大半は中国画の基本画法と運筆法を取り入れていますが、日本の関係者や専門家の方々からも評価していただきました。私は中国の宣紙(安徽省宣城で産する紙)と文筆、日本画の画法と顔料にこだわり、独自のスタイルを創り出すことに努めてきました」。

「芸術で架け橋に」との思いで、呂娟氏はこの度の芸術展に、自らの『ひまわりシリーズ』、『桜シリーズ』、『牡丹シリーズ』を出展し、花を愛し、芸術を愛するシンガポールの人びとに披露するとともに、開かれた心で地域文化と世界文化の発展と交流に貢献した。

8月3日、呂娟氏は、シンガポールのマリーナベイサンズで開催された、「第8回『翰墨伝情』芸術展プレジデントチャレンジチャリティディナー企業家サミットフォーラム」に出席し、ハリマヤコブ大統領の協力も得て、『牡丹図』と題する自らの作品をオークションにかけ、落札された。

シンガポール大統領が海外華僑画家とともにチャリティ活動を行うのは、今回が初めてである。呂娟氏はさらに、『梅花』、『ひまわり』の二作品をオークションに出品し、売上金のすべてを慈善事業に寄付した。氏は記者に語った。「この度の企業家サミットフォーラムのテーマは、『世界貿易改革』です。これは、アメリカが保護貿易主義に走る中、特別な意義をもつものです。シンガポールは既に、中国との『一帯一路』建設に関する政府間の覚書に署名しています。在日華僑企業は、『一帯一路』建設に参画するだけでなく、新たな切り口で強力に推し進めていくべきです」。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved