× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
中国の「ペット経済」市場規模は2兆円超
2018/08/24 11:53:56  
 
 

ここ数年、中国でもイヌやネコをペットとして飼う人がかなり増えた。そして、家の中で「家族」の一員としてイヌやネコを飼う家庭も増えた。そのため、ペット関連の消費も爆発的に伸びている。 統計によると、2017年、中国では全体の17%を占める5912万世帯がペットを飼っている。そして、中国のペット市場も1340億元(約2兆2512億円)規模に達している。


ペットと一緒に縄跳びをする天津市民

ペット関連消費が爆発的成長

北京の繁華街である三里屯は、若者が集まり、ファッションや流行のランドマークとなっている。そして、そこで最近、ペット関連のショップが続々とオープンしている。猫カフェのほか、ペットのシャンプーをしてくれる店、トリミングショップ、ペット専用プール、さらに各種ペット用品を販売するペットショップなどがある。三里屯は最先端のファッションの街であるため、家賃は非常に高いことで知られるが、ペット関連のビジネスで利益を上げることはできるのだろうか。ターゲットとなっているのはどのような消費者なのだろうか。

生活サービスプラットフォーム美団や口コミサイト大衆点評の統計によると、過去一年、中国でペットを飼っている人の平均支出額は6436元(約10万8100円)で、うち、ネコよりイヌに対する消費額のほうが1689元(約2万8400円)多かった。また、ペット関連の商品に対する消費額のほうが、ペット関連のサービスより3384元(約5万6800円)多かった。

上海で来場者が最も多いショッピングセンターで、3カ月間開催されたペット関連のイベントは、おしゃれな若い女性に大人気となった。創造性に富むその会場で、女性たちは写真を撮ったり、遊んだりして、何時間もそこで過ごすという。

一番人気の小屋の中には、大きなネコのおもちゃなどのネコ用品が置かれ、そこに入ると自分がネコになったような気分になり、ネコの視点を体験することができる。新しい発想の娯楽であるそのネコ空間を展示したのは、ペット用品業界で起業した男性馬文飛さん(29)で、若者に人気のイベントに出店することで、自社商品の知名度向上を図っている。馬さんは大学時代、現代劇を専門に学んだものの、ネコや家具デザインが好きだったことから、ペット業界で起業することにしたという。ここ3年、ユニークなペット関連の商品90種類以上を発案して製作し、阿里巴巴(アリババ)系のECプラットフォームでの売上高は3000万元(約5億円)に達している。最も多い時で、90店舗以上が馬さんの会社の商品を取り扱っているという。

ショッピングサイト淘宝の統計によると、17年、ECプラットフォームにおけるペット業界の成長率は25%に達した。ペット関連商品の中で人気なのは、ペットフード、ペットのおやつ、ペット用品、ペットの薬などだ。うち、ペットのおもちゃや服、掃除用品、ペット用品などには、爆発的ヒットとなった商品がある。


ペットを連れた天津の若者たち

動物医療が大人気に

統計によると、ペット市場を細分化して最も人気なのはペットフードペット用品(50%)で、以下、ペットの医療系サービス(23%)、ペットの販売(12%)、ペットのシャンプー系サービス(11%)と続く。多くのペットが、多くの人にとって「家族の一員」となっており、ペットの「健康」に気を配る人も増加している。17年、動物医療市場はすでに280億元(約4704億円)規模に達した。

中国農業大学ペット病院は、北京の協和病院のように難病治療を得意としており、なかなか予約が取れないため、「ペットの協和病院」と呼ばれている。

過去5年、同病院の診察件数は毎年15%のペースで増加し、17年にはその数が7万7000件以上に達した。

最後のお別れにも需要

一つの産業が爆発的に成長すると、一連の関連産業の成長も促す。「ペット経済イノベーション産業報告」は、ここ数年のペット専用の葬儀業に言及しており、北京、上海などでは、ペットの墓地も登場し、2000~5000元(約3万3600~8万4000円)で取引されている。中国には現在、ペットが3000万匹おり、毎年そのうちの10%が死ぬとすると、ペット専用の墓地の市場は10億元(約168億円)規模以上となる。この数字の背後には、大きな商機があるだけでなく、十数年の時を共にしたペットを最後までしっかりと見送るという、文明の進歩もある。

呉彤さんは14年に仕事を辞めて起業し、ペットの骨壺をデザインするようになった。大学の時にデザインを学んだ呉さんは、自分のアイデアに基づいてペットの骨壺をデザインし、ネット上で販売してみたところ、大人気になった。そして、顧客一人ひとりの「物語」を自身の公式SNSアカウントに几帳面に記録している。また、骨壺を買った顧客のペットに番号を付けており、その数はすでに2000番にまで達した。その他、墓石や装飾品、ネックレスなどの関連商品の開発も試みている。一人で経営している淘宝のショップの売り上げは毎月10万元(約168万円)に達している。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved