× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
発展のための3つの課題
中国のAI産業の現実
2018/08/24 11:45:01  
 
 

ハイテクはすでに生活の隅々に進出し、急成長するAIが人々の生活への浸透を加速している。中国インターネット協会は最新の「中国インターネット発展報告書2018」の中で、中国AI市場が急成長中と指摘した。


天津の展示会で披露されたAIロボット(5月16日)

2017年の産業規模は51.2%増の152億1000万元(約2497億円)にのぼる。中国のAI産業規模は19年に344億3000万元(約5651億円)にのぼる見通しだ。清華大学が発表した「中国AI発展報告書2018」を見ても、中国のAI投融資が世界の6割を占めており、成長著しいことが分かる。

現実的に、AI応用がすでに大きな流れになっている。発展の成績は及第点だが、成長の道は依然として遠い。中国のAI産業が新たな段階に進むためには、次の「3つの関門」を突破しなければならない。

中核技術の把握が最も重要

「中国AI発展報告書2018」によると、中国AI論文数と高被引用論文数はいずれも世界一だが、世界企業論文産出ランキングを見ると、中国からトップ20入りしたのは国家電網公司のみだ。データは、AI発展は紙の上だけに留まってはならないことを伝えている。中国の多くの伝統産業がアップグレードと更新により、生産力を高めなければならない。スマートセンサー、AIチップ、基礎ソフトなどの産業の中核的基礎を強化し、重要技術の研究開発を加速することで、企業をAI革新の主導力にすることが特に重要だ。

標準制定は重要な取り組み

決まりがなければ整った環境を形成できないが、基準は産業競争の高地だ。基準がなければ、AIの研究開発と応用には乱れが生じる。基準が統一されなければ、市場と関連資源の連結が困難となり、データ的に無用な重複と浪費が生じる。中国はAI分野で良好な基礎を持つが、AI発展に適応するインフラ、法制度、標準体系の整備が待たれる。国は2017年以降、「次世代AI発展計画」、「次世代AI産業発展促進3カ年行動計画(2018−20年)」を発表し、AI標準体系、試験評価体系、安全保障体系の枠組みを初歩的に構築し、産業発展の推進を加速することを求めた。

安全管理の徹底は発展の礎

AIが起こしうる安全リスクも無視できない。自動運転車は、道路標識を正確に識別できず、交通事故を起こすようなことがあってはならない。家族の安全を守るホームセキュリティシステム、応用が進む顔認証技術は、ハッカーがプライバシーを盗む重要なツールになる。これらは産業発展において解決を急がなければならない、現実的な難題だ。専門家は、AIはハッカーが生んだ子供のようなもので、安全リスクの遺伝子を持つと形容した。発展だけを重視し安全管理を疎かにすれば、AIは不適切に利用されるだろう。しかし、適切に利用すれば、AIはマルウェアや異常なデータをチェックし、ハッカーの攻撃に備えることなどができ、有力な防御ツールになり、ネットの安全防御水準を高め、業界の発展にさらなるチャンスをもたらす。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved