× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
対象国が59カ国に
海南が観光客対象にノービザ政策拡大
2018/05/31 19:13:26  
 
 

公安部が2018年4月18日に北京で開催した記者会見で国家移民管理局が明らかにしたところによると、5月1日より、海南省は国務院の認可を受けて、59カ国からの観光客を対象に査証(ビザ)免除政策を実施し、海南の改革開放の全面的深化をさらに推し進める計画だ。


海南省の少数民族

会見の内容によると、中国共産党中央委員会は海南省の発展に高い関心を寄せ、海南の改革のさらなる深化と開放の一層の拡大を非常に重視している。海南省と海南経済特区の30周年にあたり、「中共中央と国務院の海南の改革開放の全面的深化の支援に関する指導意見」が発表され、海南経済特区の改革開放に新しい重大な責任と使命が与えられ、海南の改革開放の深化に強いエネルギーが注入された。長年にわたり、同部は海南省の経済建設の発展を積極的に支援し、出入国を円滑にする一連の政策を打ち出してきた。2000年には国務院の認可を経て、海南の21カ国からの団体観光客に滞在期間15日間までビザを免除する政策に同意し、10年には対象が26カ国に拡大された。これまでと比較して、今回実施されるノービザ政策には主に次の3つの特徴がある。1つ目はノービザの対象国がさらに拡大したことだ。対象国がこれまでの26カ国から59カ国に拡大し、より多くの外国人の海南旅行を促進する上でプラスになる。2つ目はビザなしで滞在できる期間が延長されたことだ。ビザなしで滞在できる期間が15日間または21日間から一律30日間までに延長され、インバウンド観光市場のより活発な発展が促進される。3つ目はノービザの対象者の人数制限を緩和したことだ。旅行会社の招聘状による受け入れモデルを残すことを前提として、ノービザの対象を団体ツアーの観光客から個人の観光客にも広げ、個人で旅行したい外国人観光客のニーズに応える。

新政策が実施されると、観光産業の開放をさらに推し進め、海外からの観光客がより多く海南を訪れるよう誘致し、海南の観光ブランドの国際的な知名度と影響力を絶えず向上させる上でプラスになり、また海南の民用航空、観光事業、経済の発展を促進し、海南の観光の国際レベルを向上させる上で積極的な役割を果たすことになる。

 

新政策の対象国リスト

ロシア、英国、フランス、ドイツ、ノルウェー、ウクライナ、イタリア、オーストリア、フィンランド、オランダ、デンマーク、スイス、スウェーデン、スペイン、ベルギー、チェコ、エストニア、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、アイルランド、キプロス、ブルガリア、ルーマニア、セルビア、クロアチア、ボスニアヘルツェゴビナ、モンテネグロ、マケドニア、アルバニア、米国、カナダ、ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、チリ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、日本、シンガポール、マレーシア、タイ、カザフスタン、フィリピン、インドネシア、ブルネイ、アラブ首長国連邦(UAE)、カタール、モナコ、ベラルーシ。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved