× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
中国人の旅行者数が世界トップに
2018/03/28 20:57:16  文/趙珊
 
 


現地時間2018年2月11日、カナダで春節を祝っている中国人たち

世界観光都市連盟(WTCF)は北京でこのほど、「世界観光経済すう勢報告(2018)」を発表した。観光消費はすでに、世界各国の人々にとって重要なライフスタイルとなっており、2017年における国内観光と海外観光を含む世界における旅行者延べ総数は、世界総人口の1.6倍に相当する延べ118億8000万人に達した。このうち、中国人の旅行者数が最多で延べ45億3000万人だった。

報告では、世界観光業の成長率は、2018年も全世界のGPD成長率を上回る6.7%に達すると予想している。また、世界における旅行者総数は、世界総人口の1.7倍に相当する延べ126億7000万人に上り、アジア太平洋地域の旅行者総数および観光収入が全体に占める割合も、引き続き上昇すると予想している。

報告では、2018年世界観光経済の発展傾向として、以下の8項目を挙げている。

第1に、世界観光業は、全面的かつ迅速に発展する。

第2に、世界観光業におけるアジア太平洋、欧州、米国という三大勢力の構図がさらに顕著になる。このうち、アジア太平洋地域の旅行者総数および総収入の成長が最も速く、欧州米国エリアはいずれもやや減速する。

第3に、観光業全体における新興エコノミーのシェアが継続して向上。

第4に、新興5カ国(BRICS)の観光業発展が極めて目覚ましく、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ5カ国の旅行者総数は延べ63億6000万人に達する見込み。

第5に、観光は、国際サービス貿易において最大の比重を占める産業となる。

第6に、世界の観光投資が急増する。アジア太平洋地域は世界観光投資マップの中で、観光投資規模が最も大きく、成長率が最も速い地域となる。

第7に、世界観光経済において、都市が重要な役割を発揮する。

第8に、世界観光業に携わる上場企業が増加し続ける。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved