× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
インターネットが中国人の生活を便利に
2017/11/30 15:37:08  文/柴逸扉
 
 

1分間で中国のインターネットでは何が起きるだろうか。海外のビッグデータ企業はこの問題に回答し、中国のインターネットの規模を興味深く解説した。1分間で、配車アプリ「滴滴打車」のタクシー1388台、自家用車2777台を呼び出すことができる。微信(Wechat)で39万5833人が同時に利用し、1万9444人が動画もしくは音声によるチャットを利用することができる。ネット通販の淘宝網と天猫(Tmall)で、774人が商品を購入することができる。


傘シェアリングサービズ

統計データによると、中国のネットユーザー数は約7億人に達する。インターネットは各地の各業界に浸透し、人々の衣食住に影響を及ぼしている。今や多くの人はスマホ1台だけで、生活のさまざまな需要を満たすことができる。これはインターネットの速度と利便性を示している。

トムさんは豪州出身の若者で、杭州で6年間生活している。モバイルインターネットが発展した中国の生活に慣れた彼は、今やスマホを手放すことができないと考えている。トムさんはこのほど米国の友人を連れ、キャッシュレスな一日を体験させた。

トムさんは、「私たちは一銭も持たず、スマホだけを手に外出した。路傍で焼餅(シャオビン)を売っていれば、二人で数個購入した。小さな屋台でも、微信と支付宝(アリペイ)を利用可能で、QRコードをスキャンし決済できる。焼餅を食べ終えると、野菜市場に行った。ネギ1本買うだけでもスキャンによる決済が可能で、お釣りを出す手間が省けた。それから公共バスに乗り、シェア自転車を利用し、髪を切るなど、何をしてもQRコードをスキャンして決済でき、本当に便利だ。米国の友人はこれに感心していた」と話す。

当然ながらスキャンの利用は、電子決済だけに留まらない。例えば観光地や展覧会を見学する際に、多くの古跡と展示品にはQRコードが用意されている。これをスキャンすることで、より具体的な文字もしくは動画による情報を目にし、音声による解説を耳にすることができる。こうすれば見学で、より大きな収穫を手にできる。ネットユーザーは、「これらの解説紹介は形式多様で内容が豊富だ。さらには多言語対応もあり、ガイドを雇ったようだ」とコメントしている。また特に薬品や生鮮食品など一部の商品のQRコードをスキャンすることで、消費者は偽造防止商標、認証監督管理コードがあるかを知り、それから生産と輸送の流れを理解することで、真偽と安全性を判断できる。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
妛峑 IT 晄摦嶻嬈 堸怘嬈 椃峴嬈 朄柋丒峴惌 嬥梈
塣桝嬈 捠怣嬈 恖嵽攈尛徯夘 堛椕丒寬峃 寶愝嬈 屸妝嬈 偦偺懠嬈庬
 友情链接: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
电话:代表 03-3980-6635 编辑部 03-3980-6639 营业部 03-3980-6695
Copyright 2004 JNOC, All Rights Reserved