× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
「子連れ旅行」が中国観光市場の主力に
2017/07/24 14:46:26  
 
 

子供連れで海外旅行に出かける80後(1980年代生まれ)や90後(1990年代生まれ)の若い親が、このところ増加の一途をたどっている。旅行をきっかけに親子の結びつきを深め、楽しい休暇を親子で共有することが、その目的だ。アリババ傘下の旅行予約サイト「飛猪」はこのほど、「子供の海外旅行をめぐる情勢の分析・予測」と題する統計報告を発表した。統計データによると、00後(2000年代生まれ)や10後(2010年代生まれ)の子供たちが初めて海外旅行をする年齢は、80後に比べて20年も早くなっている。

多くの親が、子供連れで海外旅行に出る目的として、「親子の絆を深める」ことを考えており、彼らが海外旅行に投じる時間やお金も増加傾向にある。驢媽媽旅遊網の王小松CEOは、「数年前から、親子旅行は観光市場の主力となってきており、より多くの中国の親が、『子供と一緒に世界を経験する』ことを望み、それを実行に移している。今後、ビザ発給システムがより簡素化され、旅行プランの作成がより簡便になることで、中国における子連れ海外旅行市場は、発展のピークを迎えるだろう」と指摘した。

統計データによると、北京、上海、広州、深圳など消費力が高い一線都市では、2歳以下の乳幼児が海外旅行に出る傾向がますます顕著になっている。また、二線都市においても、住民の所得レベルが高まるにつれて、親子で海外旅行をする人の数もかなり増加しており、1年に最低1回は海外旅行をする家庭も見られるようになった。とくに、このような傾向は、武漢や成都で目立っており、両都市では、海外旅行者数が前年同期比で倍増している。

子連れで海外旅行をすることは、決して容易いことではない。まず、費用がかなりかかる。「飛猪」の統計データによると、子連れ海外旅行には「お金に糸目をつけない」という親の心理状態が顕著にみられる。彼らの83%は、「子連れのため、より高額のホテルに宿泊する」としており、1日の一人当たり出費額もそれにつれて増加する。子供は、「目にしたものは何でも欲しくなる」ため、旅行費用はさらにかさんでしまう。

多額の費用がかかること以外に、子連れ海外旅行を実行するためのエネルギーも決して侮れない。「飛猪」の分析によると、子連れ海外旅行を「内容の深い旅行」にしようとする親が多く、彼らが1日で訪れる観光スポットは1ヶ所か2ヶ所にとどまっている。これは、子供の体力や睡眠などの状況を考えて、旅行中の行動を抑制せざるを得ない状況を示している。Lvmama.comの傘下ブランド「驢悦親子遊」の担当者は、「『子供のために携帯する旅行グッズが多すぎる』、『子供がすぐに泣きだし、騒ぐ』、『子供が歩こうとせず、すぐに抱っこをせがまれる』は、就学前の子供を連れた海外旅行の3大問題となっている」と話した。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved