× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
9割の若者が両親との意思疎通に問題
2017/06/23 11:46:55  
 
 

中国青年新聞社社会調査センターと問巻網はこのほど、18歳から35歳までの若者2001人を対象としたアンケート調査を実施した。これによると、若者の93.0%は、「両親とのコミュニケーションがうまくいっていない」と答え、うち9.5%は、「コミュニケーションの欠如がかなり深刻」としている。親子の共通の話題としては、「子供の学習・仕事をめぐる状況(57.2%)」、「子供の日常生活(55.5%)」、「両親の健康・生活状況(53.0%)」などが挙がった。「根気強く、できるだけ多く両親との意思疎通を図るべき」と考えている若者は69.8%に上った。

調査に回答した若者の男女比は、男性が49.4%、女性が50.6%だった。

 

両親との意思疎通に問題

天津南開大学4年の孟奇さんも、「両親とのスムーズな意思疎通はとっくの昔になくなっており、今はほとんど何も話さない。普段は、必要最低限のことしか話さないし、会っても元気かどうか確認する程度だ。僕は最近、大学院入試の準備でさまざまな問題やストレスに直面しているが、悩みを相談する相手は、両親ではなく友人だ。両親に話しても、細かいことが全く分からないだろうから」と語った。

今回の調査で、「両親とのコミュニケーションがうまくいっていない」と答えた若者は全体の93.0%に達し、このうち、「コミュニケーションの欠如がかなり深刻」とした人は9.5%。このほか、意思疎通が「やや欠如している」は51.0%、「あまり欠如していることはない」は32.5%、「意思疎通の欠如は一切ない」と答えた人はわずか7.0%にとどまった。

鄭州市の某公立病院で医師として働く黄静さんは、仕事を始めて1年が経過した。普段は、何かあったら、すぐに微信(Wechat)で作った「家族グループ」に報告し、週末になると必ず両親に電話する。「仕事のことをちょっと話すほか、面白いことがあったときには両親に知らせる。また、両親の日常生活についても話したりする。母は腰痛の持病があるので、毎回電話するたびに、腰のケアに関する方法や薬に関する情報を母に教えている」と黄さんは話した。

両親とのコミュニケーションでの主な話題は、「子供の学習・仕事をめぐる状況(57.2%)」、「子供の日常生活(55.5%)」、「両親の健康・生活状況(53.0%)」だった。このほか、「自分の考え方や観念について(41.9%)」、「自分の趣味・嗜好(25.8%)」、「実家での耳よりの話やエピソード(22.1%)」、「深いレベルでの思想問題(13.5%)」、「エンタメ・ゴシップに関すること(13.4%)」、「国家をめぐる問題(12.2%)」などが挙がった。

 
スマホに夢中な若者たち

両親との意思疎通を図るべき

天津南開大学4年の孟奇さんは、「両親のことが嫌いというわけではないが、ときどき両親の愛を重荷に感じ、息苦しくなることがある」と話す。「両親は、相手の立場に立って物事を見るということが苦手で、経験者としての立場や視点で善悪を判断する。小さなことから大きなことまで、学習・生活面における全てのことに関して、常に両親の言う事に従わなければならなかった。僕だって、自分自身の考え方や興味のあることについて両親と話し合いたい。だが、両親が僕の言うことに耳を傾けることは基本的になく、私を理解しようという気持ちなど毛頭ない。『お前はまだ子供なのだから、何も分からない。私たちがお前に悪いことを言うわけがない。すべてはお前のためと思ってのことだ』と口癖のように繰り返している。そうしているうちに、両親と腹を割って話す機会はどんどん減っていった」と孟さんは続けた。

子供と両親の間でスムーズな意思疎通ができない理由は何なのか。調査によると、54.5%の若者が、「考え方の違いから、両親との意思疎通が難しくなった」と答えた。このほか、「両親が自分の生活を理解できるよう、上手なコミュニケーションをとることができなかった(51.8%)」、「両親の考え方や見解が古臭く、新しい物事を進んで受け入れようとしないから(42.7%)」、「子供が自己中心的すぎて、両親の考えをまったく考慮しないから(39.1%)」、「両親は些細なことを指摘するだけで、肝心な点を見落している(37.2%)」、「両親の物の言い方が押し付けがましく、子供は反感を抱いてしまう(23.6%)」などの理由が挙がった。

孟さんは、「僕と両親のように、コミュニケーションが欠如した状態が長時間続くと、こじれた関係が複雑に絡み合い、その結び目がほどけなくなり、断ち切ろうしても切れなくなってしまう。我々は互いに相手のことが気になっているが、愛情を相手に伝える手段を見失ってしまった」と話した。

黄さんは、高校3年の時、母親との関係が非常に険悪になったという。彼女はこのことについて、「当時、母も私も主張が強すぎて、相手の言うことを絶対に聞こうとはせず、口を開けば喧嘩が始まるという状態だった。だがその後、働き始めた私は、生活や自分自身に対する考え方がやや成熟したようで、両親とふたたび話をするようになり、自ら進んで両親と意思疎通を図るようになった。私は多くの人を例に挙げ、特に両親が知っている人を取り上げ、時代の変化に伴い、考えを変えていくべきだと両親に話した。このようなやりとりを繰り返していくうちに、両親は、自分たちの考えが旧態依然のものだと気づくようになった。それと同時に、考え方を少しずつ変えることができるようになった。それに伴い、私たちのコミュニケーションの壁もどんどん取り除かれていった」と話した。

「両親との意思疎通における壁を取り除く方法」について、69.8%の若者が、「根気強く、できるだけ多く両親との意思疎通を図るべき」と答えた。このほか、「共通認識を探す努力が必要(57.8%)」、「両親とのコミュニケーションにおいて、異なる点は気にせず、互いの共通点を見つけるよう努める(52.6%)」、「両親が現代社会を理解し、適応するようサポートする(37.2%)」などの意見が挙がった。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved