× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
中国人観光客は「爆買い」から「体験」へ
2017/03/28 11:48:57  
 
 


北海道でスキーをしている子供達

「周りの友人らがよく日本旅行に行くので、代理購入サービスを利用したり、『爆買い』したりする必要はなくなった。今一番したいのは体験。中国で体験できないことを体験できるなら、お金を使う価値がある」。休暇を過ごすために北京から北海道へ来ていた王さんは取材に対してそう語った。春節期間中に王さんのような中国人観光客にたくさん出会った。このことからも、中国人観光客の日本における消費スタイルに変化が生じていることが分かる。

新千歳空港を出て、電車に1時間40分乗って、到着した駅でバスに乗り換えて、十数分で予約したリゾート地に着いた。辺鄙な場所にあり、アクセスも不便であるにもかかわらず、春節前日の大晦日に当たる1月27日夜11時になっても、ホテルのホールは大勢の人でにぎわっていた。同リゾート地の客のうち、中国大陸部、香港地区、台湾地区から来た客が70%を占めているという。また、台湾地区から来た同地のスタッフ曾さん(27)によると、中国人留学生が多い日本の他の店とは違い、「ハイエンド路線」の同地の中国人スタッフは働き始める前に一連の訓練を受けているという。

同地の料金もぼったくりではないものの、リーズナブルでも決してない。例えば、宿泊料金は、オンシーズンなら二人部屋朝食付きで人民元に換算して2200~7000元(約3万6000~11万5500円)。最も人気のスキー体験なら、スキーウェアやスキーセットの5時間レンタルに約530元(約8800円)かかり、リフトの1日券が約340元(約5600円)。もし、プライベーレッスンを受けるなら2時間で約1500元(約2万5000円)必要だ。決してお手頃価格ではないにもかからず、ホテルによると、「中国語を話せるコーチはとっくに予約でいっぱい。日本語や英語を話すコーチもなかなか予約が取れない状況」という。

ざっと見積もって、大人2人で3日間遊んだだけで、数万元必要だ。一方、冬にツアーで北海道へ旅行へ行くとすると、4泊5日でも約7000元(約11万5500円)ほどだ。その他、このリゾート地にあるお土産屋とスポーツ用品店はそれぞれ一軒しかおらず、中国人観光客の「爆買い」のニーズを満たすことはできないと思われる。

北海道から東京に行くと、爆買いをする中国人観光客の姿をあまり見かけることができなくなっていた。銀座や新宿などの繁華街では、以前なら店の外まで長蛇の列を作っている中国人観光客をよく見かけたが、今は免税手続きができるレジでも並ぶ必要はない。中国語が話せる女性スタッフは大学生で、冬休みを利用してアルバイトをしているということで、「『爆買い』が減ったため、中国語が話せるスタッフもほとんどいらなくなり、2月からは新しいアルバイトを探さなければならない」と話した。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved