× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
ルームシェア時代に突入する中国
2016/09/25 17:42:40  
 
 

不動産価格の上昇にともない、北京では賃貸料も「暴走」しつつある。北京のいくつかの区で取材したところ、夏休みの年度替わりの時期を経て、北京の賃貸料は軒並み上昇していた。交通が便利な場所にある物件は平均で20%も値上がりしている。高額の賃貸料が「店子」にとって重い負担であるのは間違いない。不動産価格の持続的上昇により、非北京出身者たちは全面的なルームシェア時代に突入した。


ルームシェアしないと家賃を負担できない若者

不動産賃貸料が軒並み上昇

北京では不動産売買価格の持続的な上昇にともない、今年は賃貸料も軒並み上昇している。国家統計局が発表した今年7月の消費者物価指数(CPI)は前月比0.2%上昇、前年同期比1.8%上昇だった。住居消費価格は前月比0.1%上昇、前年同期比1.6%上昇で、そのうち賃貸料価格は前月比0.4%上昇して、上昇幅は前月に比べ0.1ポイント拡大した。

これについて不動産サービスの偉業我愛我家集団の胡景暉副社長は、「6月から7月にかけて、全国で賃貸料の前期比上昇幅が拡大を続けたのは、主に大学、高校、各種専門学校の卒業生の賃貸ニーズが集中的に現れたため」と分析する。

「店子」10数人を取材し、大まかな統計をまとめると、前年同期に比べて、今年6月以降に北京地区の不動産賃貸料は12%上昇した。地下鉄駅から近い交通の便利な場所にある物件は、平均上昇幅が20%を超えた。

ルームシェア時代に突入

賃貸料上昇が非北京出身者を苦境に陥れている。馬さんは、「2008年に学校を卒業した当時は、1カ月の給料が5000元(約7万7500円)で、月壇に近い80年代に立てられたワンルームの家賃が大体3000元(約4万6500円)だった。今、給料は8000元(約12万4050円)に上がったけれど、家賃も5500元(約8万5200円)になった。上がった分の給料は全部家賃に消えている。それで仕方なく友達とルームシェアをしているが、信じられないことに、ひとつの部屋の家賃は3500元(約5万4200円)にもなる」と話す。

こうした問題について1990年代生まれ(90後)の「微信」(WeChat)ユーザー500人を対象に調査を行い、収入に占める家賃の割合を聞いてみた。

調査結果によると、学業を終えた90後は、「家賃が給料に占める割合は30%が妥当」と考えるが、回答した500数人のうち、約60%が、「家賃の占める割合が50%を超える」と答えた。呉さんは、「さらに頭が痛いのは、ルームシェアにしてもやっぱり家賃が高いこと」と嘆く。

調査によれば、非北京出身者の94%がルームシェアをして、家賃を折半している。中古物件仲介サイトの鏈家も「自如客」というプロジェクトをうち出し、1つの物件を分割して、部屋ごとに貸し出すサービスを提供している。

文学青年が集まる豆瓣網をみると、「北京賃貸」に関連したグループが数え切れないほどあり、規模が5万人以上のものが6つある。「北京の仲介手数料無しの賃貸」というグループには12万7400人ものメンバーがいる。手数料無しと称しているが、中には仲介業者などが混雑している。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved