× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
北京大学EDP養成センター一行が日本のレディースファッションブランドを視察
2016/09/25 15:13:13  
 
 

日本の「失われた20年」に創業され、世界経済危機の渦中に成長を遂げた“日本の第二のユニクロ”。これは、森ガール系ファッションを生み出し、ヤングレディースファッションで売上高NO.1を誇るブランド「earth music&eclogy」を展開する、株式会社ストライプインターナショナルの“履歴書”である。


株式会社ストライプインターナショナル社内で記念撮影

8月26日、北京大学の企業家養成指導の公式プラットフォームである、北京大学EDP養成センター一行が東京を訪れ、株式会社ストライプインターナショナルを視察し、ビジネス環境が激しく変化する今日、同社が如何にしてブランド力を高め、売り上げを伸ばし、世界とリンクし、企業価値を創造しているかを学んだ。

初めに、株式会社ストライプインターナショナル取締役兼CHOの神田充教氏がパワーポイントを使い、オリジナル社員向けアプリ等によって、社員の求心力を高め、自由平等の社風を築いている様子を報告した。視察団からは、製品の開発から物流までにかかる日数、人材の確保管理等について質問が寄せられた。

一行は社内及び模擬店舗を見学し、廊下に貼り出された300名の従業員を紹介する写真等が見学者の視線を惹き付けた。

2014年、同社のグループ売上高は1103億円を突破し、市場は世界20カ国以上に及んだ。現在、中国大陸だけでも70店舗以上を展開。歌手の王力宏、炎亜綸らと中国で「LOVE earth ,LOVE music」チャリティーコンサートを開催し、内モンゴル自治区に1300本の植樹も行っている。

同社の主力ブランドであるearth music&ecologyの理念にもある通り、musicは世界共通の言語である。また、ecologyは素材と質感の厳選に反映されているだけでなくCRS(企業の社会的責任)活動においても、「社会公益事業に国境はない」との企業理念を行動で証明している。

同社は世界の環境変化に対応し、常に改善調整を図り、運営管理システムは常に業界最前線にある。この度の視察は、モデルチェンジを模索し、国際市場に進出する中国の同業企業に最高の鏡鑑を提供した。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved