× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
コラム
 
 
 
 
日本のノーベル賞科学技術について(その18)~大村智博士~
~地道な土壌の採取・培養・分析の繰返し作業の快挙!~~『抗寄生虫薬「イベルメクチン」』2015年ノーベル医学生理学賞受賞!~~日本人と中国人の同時受賞はアジアの平和への第一歩へ!~
藤原洋 株式会社ブロードバンドタワー 代表取締役会長兼社長CEO
2016/06/22 18:01:49  文/藤原洋
 
 

スウェーデンのカロリンスカ研究所は、10月5日に2015年のノーベル医学生理学賞を大村智(さとし)北里大特別栄誉教授(80)と米ドリュー大のウィリアム・キャンベル博士(85)、中国中医科学院の女性科学者の屠呦呦(と・ゆうゆう)首席研究員(84)の3氏への授与を発表。受賞理由は、大村氏とキャンベル氏が「寄生虫によって引き起こされる感染症の治療の開発」、屠氏が「マラリアの新規治療法に関する発見」。主に開発途上国で感染症対策に役立ったことから、「人類への計り知れない貢献」と位置づけました。中国籍の人の受賞でかつオリジナル受賞(貢献度50%、他の2人は25%ずつ)と自然科学部門の受賞は、初めて。

北里大学特別栄誉教授の大村智教授は、1935年生まれ、山梨県韮崎市出身で、山梨大学卒業、東京理科大学大学院の理学研究科で修士課程を修了、東京大学で薬学博士号を取得。北里大学の教授、北里研究所の所長などを経て、現在、北里大学の特別栄誉教授などを務めておられます。

微生物由来の有機化合物を多数発見し、開発に関わった抗寄生虫薬「イベルメクチン」は、熱帯病の治療薬として絶大な効果を発揮しました。

この成果を得るまで、大村氏は、1970年代に、伊東市川奈のゴルフ場の近くで土を約3000株/年に採取し、化合物エバーメクチンの発見をもとに、寄生虫が原因の熱帯病の特効薬=イベルメクチンの開発にこぎつけるまで、採取、培養、分析の地道な繰り返し作業を行い、約5年を費やしたとのこと。

同時受賞の屠(と)氏は、漢方として用いられていたキク科の植物から、世界三大感染症に数えられるマラリアに効く「アルテミシニン」という化合物を発見し、アルテミシニンを使った薬は今では世界中で使われています。

世界中の人々の命を救いつづける、日本と中国とアメリカ人(アイルランド系)の尊敬すべき人々が同時に受賞したのは素晴らしいことであり、西洋と東洋の協調の時代の到来を感じます。(おわり)

藤原 

<Profile>

1954年、福岡県生まれ。京都大学理学部(宇宙物理学科専攻)卒。日本アイ・ビー・エム株式会社、日立エンジニアリング株式会社、株式会社アスキー等を経て、株式会社インターネット総合研究所等を設立し、現職。96年、東京大学より工学博士号を取得。現在、SBI大学院大学副学長教授、慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
妛峑 IT 晄摦嶻嬈 堸怘嬈 椃峴嬈 朄柋丒峴惌 嬥梈
塣桝嬈 捠怣嬈 恖嵽攈尛徯夘 堛椕丒寬峃 寶愝嬈 屸妝嬈 偦偺懠嬈庬
 友情链接: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
电话:代表 03-3980-6635 编辑部 03-3980-6639 营业部 03-3980-6695
Copyright 2004 JNOC, All Rights Reserved