× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
中国、世界2位の研究開発大国をキープ
2016/03/23 12:03:25  文/喩思孌
 
 


新疆で導入された風力発電設備

米国立科学財団が今年1月に発表した「科学工学指標」によると、中国の科学技術の世界的な地位は日増しに高まっている。研究開発費、科学技術系論文の産出、ハイテク産業の付加価値額などで世界2位を占め、理工学系人材の育成、風力発電能力で世界一となっている。中国は今や正真正銘の、世界2位の研究開発大国になっている。

研究開発費の対GDP比、10年で2倍に上昇

同指標によると、世界の研究開発費は全体的に上昇傾向を示しており、北米・欧州・東アジア・東南アジアに集中している。米国は依然として世界一の研究開発大国であり、中国は2位につけている。中国の研究開発費は、EUの合計に近づいている。

東アジア・東南アジア諸国の研究開発費はこの10年間で急増し、うち中国が最も顕著だった。中国は2003~13年に、世界の研究開発費の増額分の約3分の1を占めた。欧米が占める比率が低下し、うち米国は35%から27%、欧州は27%から22%に低下した。東アジア・東南アジア諸国は25%から37%に上昇した。

研究開発費の対GDP比を見ると、中国と韓国は10年間でほぼ2倍に上昇している。

理工学系人材の育成は世界一

科学・工学人材は、一国の革新力と経済競争力にとって極めて重要だ。同指標によると、中国が2012年に授与した大学の学位の半数弱が、科学・工学系となった。米国の同比率は33%のみ。世界の科学・工学系の大学学位授与件数は640万件で、うち中国が23.4%、インドが23.0%、EUが12%を占める。米国は9%のみ。

中国の大学学位件数の伸び率は、主要先進国を大幅に上回る。2000~12年に中国の科学・工学学位授与者は3倍以上に増加し、米国、欧州、アジアのその他の国を大幅に上回った。また中国の科学・工学博士学位授与者は、米国に次ぐ世界2位となった。米国では2000年以降、半数弱の科学・工学博士学位が短期滞在査証所持者に授与された。中国、インドなどのアジア諸国の場合、これらの博士学位授与者は主に自国民となっている。

ハイテク産業の付加価値額は世界2位

同指標によると、2014年の世界ハイテク産業付加価値額は1兆8000億ドル(約204兆7770億円)にのぼる。中国は27%を占め世界2位で、米国の29%をやや下回った。21世紀以来、中国のハイテク産業付加価値額が激増し、2001~14年の間に10倍に増加した。中国ハイテク産業は情報通信技術と製薬に重点を置く。情報通信技術製品は世界の39%、製薬業は世界の28%を占めた。2014年の世界ハイテク製品輸出額は2兆4000億ドル(約273兆円)で、中国がその4分の1を占めた。

2014年の世界の知識集約型ビジネス支援サービス業(KIBS)付加価値額は12兆8000億ドル(約1456兆円)で、中国は10%を占めた。しかしKIBSは中国で急速に発展しており、すでに日本を抜き米国とEUの後を追っている。2013年の世界のKIBS輸出額は1兆5000億ドル(約170兆6300億円)で、中国は7%を占めた。インドの比率は中国と同等。EUと米国が約半分を占めた。

同指標によると、2014年の世界のクリーン・再生可能エネルギー投資総額は2810億ドル(約32兆円)に達した。うち中国の導入額は31%を占め、EUと米国が続いた。中国の太陽光・風力発電投資額は世界一で、発電能力が急速に拡大した。中国の風力発電能力は世界一で、低コスト太陽電池の生産量も世界一となっている。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved