× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
AIIBの開業は世界に新たなチャンスをもたらす
2016/02/22 14:35:07  
 
 


アジアインフラ投資銀行(AIIB)の初代総裁に就任した金立群氏

注目を集めるアジアインフラ投資銀行(AIIB)が1月16日に開業した。呼びかけのスタートから開業まで2年あまりの時間を経たAIIBは、その間に世界各国の幅広い反応と賛同を得て、昨年末の発足時には、57カ国が政府間覚書に調印した。中国が呼びかけて設立された初の多国間金融機関であるAIIBは、アジア域内・域外の諸国に新しい発展チャンスをもたらすことになる。融資の第1段は今年中頃にも認可される見込みだ。

インフラ建設の遅れを改善窮乏・貧困対策の推進に力

AIIBには中国を含むアジアの19カ国が参加し、創設メンバー57カ国の3分の1を占める。アジアは「一帯一路」(1ベルト、1ロード)の呼びかけを推進する上での優先地帯であり、重点地域だが、インフラの遅れが経済発展を制約してきた。アジア開発銀行(ADB)がまとめたデータによると、2010年から20年にかけて、アジア諸国が毎年必要とするインフラ建設資金は8000億ドル(約94兆2640億円)に上る。世界銀行やADBなどの国際金融機関だけではアジアの発展途上国の膨大なインフラ投資ニーズには対応できないという。

インドネシアは東南アジアで最大規模のエコノミーだが、インフラの深刻な遅れが国際競争力を弱める最大の問題点となっている。道路、橋、港湾、水道、電気などの施設の不足が、海外資本がインドネシアに進出する際の「障害物」となり、整った物流ネットワークの欠如により、商品の輸送コストが非常に高くつき、同国の製品の市場開拓を妨げている。

インドネシアASEAN(東南アジア諸国連合)南洋基金会の李卓輝代表は、「世銀、ADB、国際通貨基金(IMF)といった国際金融機関だけではインドネシアをはじめとするこの地域の発展途上国の資金調達ニーズに対応できない。インドネシアはAIIBのような協力パートナーを是非とも必要としており、AIIBがこの地域の国々のインフラ建設ブームを巻き起こし、この地域の経済の潜在力を発揮させる強力な推進役になることを確信する」と述べた。

AIIBはアジア地域の貧困扶助開発にとっても重要な意義がある。世銀のジム・ヨン・キム(金墉)総裁は以前、「貧困や不平等の問題に関心を寄せる人であれば誰でも、発展途上国の経済発展と雇用の増加を支援しようとする銀行を歓迎するはずだ。AIIBは極度の貧困の削減で重要な役割を発揮するだろう」と述べている。

韓国国際貿易協会(KITA)の李鳳傑チーフ研究委員は、「AIIBはアジア地域の経済成長、インフラ開発・投資をサポートし、窮乏・貧困対策で直接的、間接的に役割を発揮し、関連諸国の経済発展にプラスになる」との見方を示した。

またパキスタンのイスラム戦略研究所(SSII)のマスード・ハーン所長(元駐中国パキスタン大使)は、「AIIBは地域各国の交流と協力の向上にプラスであり、世界経済の発展にとってプラスだ。AIIBは『一帯一路』建設とともに、各国の経済発展水準の向上に深い影響を与えることになる。AIIBの発足と正式開業はアジア各国と広大な発展途上国の発展の潜在力を極めて大きく発揮させ、関連国はそこから利益を受けるだろう」と述べた。


アジアインフラ投資銀行(AIIB)の初代総裁に就任した金立群氏

共同発展の夢を載せて

AIIBはアジア地域の枠を越えて、世界に影響力をもたらす。今のような世界経済が発展するためにエネルギーの注入がすぐにも必要という特殊な時期にあって、AIIBが共同の発展という夢を載せ、力を蓄えて立ち上がったことには、先駆的で創造的な格別の意義がある。

韓国の中国経済金融研究所の全炳瑞所長は、「AIIBは韓国と中国がインフラ建設分野の技術や物流分野の経験を共有し、活用するためのチャンスを提供した」と述べた。また韓国の大統領官邸(青瓦台)の安鍾范経済首席秘書は今年初の定例経済政策発表会で、「AIIBを活用し、海外のインフラ建設市場に積極的に参加する」と述べ、国土交通省は、「AIIBは韓国国内の建設企業が施工を中心とした海外建設産業の構造から付加価値の高い産業構造へと転換するための重要な契機になる」との見方を示した。

ASEAN諸国にとって、AIIBは加盟国のインフラ建設の強化を力強く支援するものだ。シンガポール国立大学東アジア研究所の陳剛シニア研究員は、「AIIBはASEANのコネクティビティの水準を絶えず向上させ、ASEAN一体化の歩みの加速を助けるものとなる」と述べた。

ロンドン大学キングスカレッジ欧州・国際研究学部のレイモン・パチェコ・パルド研究員は、「AIIBは英国にまたとない協力チャンスをもたらした。大型プロジェクトの資金調達には成熟した市場と豊富な経験をもつ銀行が必要であり、英国にはこうしたものが備わっている。プロジェクトの執行には現代的な管理のテクニックが必要であり、こうした点も英国企業や英国国際開発省(DFID)には備わっている。英国ほど大きなチャンスをAIIBから獲得する先進国は他にはほとんどないだろう」と述べた。

ロシア財務省財政科学研究所のサビンスキー・チーフ研究員は、「AIIBの開業は(アジア)地域のインフラ大規模プロジェクトの実施を促進し、ロシアの東部地域およびシベリア地域の発展もその中から利益を受けることになる」と述べた。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved