× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
「再生の大地」合唱団が北京初公演「報告演奏会」を開催
2016/02/22 13:36:32  
 
 

2月7日、東京新宿の牛込箪笥区民センターにて、「『再生の大地』合唱団 北京初公演 報告演奏会」が開催された。

冒頭、吉岡眞人実行委員長は開会の挨拶で、「撫順戦犯管理所における中国政府の寛大で人道的な政策によって、千人余りの戦犯は『鬼から人へ』変わり、『再生』しました。撫順の奇蹟とは何だったのかを皆さんとともに考えたい」と語った。

第一部パネルディスカッションでは、「今なぜ『再生の大地』を歌うのか」のテーマで、と大西広・慶應義塾大学経済学部教授と蒋豊・本誌編集長をゲストパネリストに招いて、活発な議論が交わされた。

大西広教授は「日本国憲法の前文では、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意したと宣言している。このことを世界にアピールすることが、他国が日本を攻めないという保障をつくり上げる。日本は憲法を遵守し、中国が行って来た人道主義外交にならうべきだ」と訴えた。

蒋豊編集長は「来日して28年経つが、日本人は中日戦争のことを本当に反省しているのか疑問だった。昨年秋、北京初公演に同行し、団員の皆さんと触れあう中で、『二度と戦争を起こしてはいけない』という反省と決意を抱く多くの日本人がいることを知った。今こそ中日友好を『再生』して行きましょう」と呼びかけた。

団員で日中友好協会理事長の田中義教氏が司会を務め、団員で「再生の大地」作詞者の大門高子氏、団員の木村秀子氏は、どうすれば戦争をなくせるか、草の根友好の大切さなどについて話した。

第二部では、「再生の大地:撫順戦犯管理所」の合唱が披露され、大感動の拍手に包まれた。

最後に挨拶した合唱団団長の姫田光義・中央大学名誉教授は「今年は撫順・太原での裁判から60周年なので、ぜひとも瀋陽の撫順戦犯管理所跡地で公演をしたい」と述べ、「現在の日本では『普通の人を鬼に変える』動きがある。二度と日中両国が戦争を起こさないように、我々は平和と友好の歌を歌い続けて行きたい」と決意を語った。

報告演奏会は、「再生の大地」合唱団主催、撫順の奇蹟を受け継ぐ会・NPO中帰連平和祈念館共催、中華人民共和国駐日本国大使館、中国人民対外友好協会、中国国際放送局、中日友好協会、及び本誌の後援で、会場は400名を超す参加者であふれた。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved