× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
コラム
 
 
 
 
日本のノーベル賞科学技術について(その13)~南部陽一郎博士~<第2回>
~物理学分野を超えた自発的対称性の破れで2008年ノーベル物理学賞!~~湯川秀樹、アインシュタイン、ディラック型に物理学者を分類!~
藤原洋 株式会社ブロードバンドタワー 代表取締役会長兼社長CEO
2016/01/25 17:20:17  文/藤原洋
 
 

南部陽一郎博士(1921-2015年)のノーベル賞の対象となった『自発的対称性の破れ』は、1960年に考え出されたものですが、48年間も受賞に時間を要したのは、当時評価できる人がいなかったからだったと思います。そんな孤独な南部博士が、ヒッポトラカレ言語研究所ニューズレターで語った興味深い物理学者の3分類があります。現代物理学を形成した湯川秀樹(1907-1981年)、アルバートアインシュタイン(1879-1955年、相対性理論)、ポールディラック(1902-1984年、量子力学及び量子電磁気学)の3人と交流があり、物理学の3つの段階と3人の物理学者のタイプについて以下のように分類されています。

「物理の理論を作るには3つの段階があり、まず、最初は新しい現象が出てきた時に、何か法則があるかどうかを色々調べる。次にそれを説明するモデルを作り、その後、いわゆる本質的な理論を考える、つまりその特性につながる数式を幾何的に表現する。その理論から計算すれば現象がちゃんと予言でき、理解できる、そうなって初めて理論が出来上がる段階になる。しかし、それで安住できない。自然は、面白いもので、何か見つけると必ずそれ以上に複雑で、説明のできない姿を見せる。だから、また我々は最初から探し始める。その繰り返し。物理学者を3分類すると、1つ目は「湯川型」。新しい現象に出あった時、その背後には新しい何かの粒子があると考え、その数式を見つける。湯川さんの場合は、新しい粒子「中間子」があると言い、以降何十年にもわたって、本当に次から次に色々な粒子が見つかった。その考え方は何十年も我々の頭の中に定着していて、我々の考え方の基礎になっている。現象からのボトムアップ。2つ目は「アインシュタイン型」。正反対で、トップダウンで、まず、理論をつくる。理論があるから実験で「何か」が出てくるはずだと言う考え方。アインシュタインは、重力場の理論をつくって、空間が曲がっていると言った。そこで予言したものが実際に見つかっている。3つ目は「ディラック型」。彼は、“自然の法則は美しくあるべきである”と言う考えで、美的観念から数式を作りだしてしまう。すると実際にその数式に合う現象が見つかる。ディラックが作った数式の1つに“モノポール(単磁極)”を示すものがあるが、これはまだ実際には見つかっていない。」・・・と。

そんな孤高の物理学者の南部博士は、東大4年の時、湯川朝永両博士に「素粒子を研究したいと」と話したら、「素粒子については、天才でないと理解できない」と言われ、プリンストン高等研究所時代に、2度アインシュタインに会い、量子力学が信用できないと必死に説明を受けたとのことです。

藤原 

<Profile>

1954年、福岡県生まれ。京都大学理学部(宇宙物理学科専攻)卒。日本アイビーエム株式会社、日立エンジニアリング株式会社、株式会社アスキー等を経て、株式会社インターネット総合研究所等を設立し、現職。96年、東京大学より工学博士号を取得。現在、SBI大学院大学副学長教授、慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
妛峑 IT 晄摦嶻嬈 堸怘嬈 椃峴嬈 朄柋丒峴惌 嬥梈
塣桝嬈 捠怣嬈 恖嵽攈尛徯夘 堛椕丒寬峃 寶愝嬈 屸妝嬈 偦偺懠嬈庬
 友情链接: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
电话:代表 03-3980-6635 编辑部 03-3980-6639 营业部 03-3980-6695
Copyright 2004 JNOC, All Rights Reserved