× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
最も価値ある中国ブランドは何か
2015/10/19 17:35:41  
 
 


アリババ

中国の民間調査機関・胡潤研究院は9月17日、「2015年胡潤ブランドランキング」を発表した。テンセントがブランド時価総額2770億元(約5兆2000億円)で、「最も価値ある中国ブランド」首位の座をキープした。ランクインしたブランドの本社所在地を都市別に見ると、二線・三線都市が40%まで占めるようになり、北京・上海・広州・深圳の一線都市が60%を占めた。このうち本社が最も多かったのは北京(57社)、広東(38社)がそのあとに続き、第3位は上海(27社)だった。

BATは軒並みトップ10入り

胡潤ブランドランキングによると、2015年、テンセントの時価総額は前年比33%増加した。昨年第5位だった淘宝は今年第2位に躍進、時価総額は同44%増の2660億元(約5兆円)、入選2年目にして全国ブランドランキングのトップ3に入った。第3位をキープした中国移動(チャイナモバイル)の時価総額は2650億元(約4兆9000億円)、前年比31%増となった。

今年のトップ10を見ると、BAT(中国3大ネット企業=百度、アリババ、テンセント)が軒並みランクインしており、百度は時価総額2500億元(約4兆7000億円)で第4位だった。

胡潤百富董事長兼首席調査研究員のルパート・フーゲワーフ(胡潤)氏は、「BATは今や、最も価値ある中国ブランドとなった。この10年、インターネット企業は強固な基礎を築き上げ、伝統ブランドにとって大きな脅威となっている」と指摘した。

BATのほか、国有4大銀行もブランドランキングのトップ10に入っている。第5位から第8位は順次、工商銀行、建設銀行、中国銀行、農業銀行。また、中国人寿(チャイナ・ライフ・インシュアランス)は、今年唯一、新たにトップ10入りを果たしたブランドだ。

半数を占めた民間企業

中国ブランドランキング10強のうち、民営企業はわずか3社だった。だが、上位200ブランドのうち、民間企業が半数近く(91社)を占めた。昨年より3社減少したものの、時価総額平均は昨年比50%以上増加した。民間企業の時価総額の合計が全体に占める割合は40%に達した。

このほか、今年新たにランクインした企業は26社、うち18社が民間企業で、新規ランクイン企業全体の70%を占めた。新規ランクイン企業の上位3社のうち、2社が民間企業(楽視網信息技術と安邦保険集団)で、これら2社の過去1年の業績は、かなり際だっていた。

業界別で見ると、金融業と不動産業は引き続き、ランクインした企業が最多の業界となった。金融業でランクインした企業は38社、昨年より4社増えた。不動産企業では23社がランクイン、昨年比2社減少した。これら2業界でランクインした企業は、全体の30%を占めた。

 

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved