× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
青年学者、中日民間交流の重要な架け橋に
2015/07/23 13:25:56  
 
 

日本学生支援機構(JASSO)の調査レポートによると、現在日本在住の外国人留学生の中で、中国人留学生が全体の60%を占めているという。青年学者は若く、エネルギーに満ち溢れており、さまざまな活動を通して、中日民間交流の第一線で活躍している。最近、社会科学文献出版社と笹川日中友好基金が北京でシンポジウムを開催し、中日関係における民間交流の役割の発揮について深い討論を行った。

 

特殊な時期であればあるほど青年学者の相互交流の流れを止めてはならない

笹川日中友好基金の尾方武寿運営委員長は、「交流の最大の意義は、自らの体験で相互理解を促進できることだ。過去30年間で中国にはすでに200回近く訪れているが、故宮で見た古文に震撼させられた。日本はなぜこのような燦爛たる文明を有する国家と戦争などしたのだろうかと反省した」として、「国家は単独で世界に存在しているわけではなく、まさに人が社会から離れることはできず、単独では存在できないように、交流を通じて共同で安定した秩序ある国際社会を築くことが非常に大切だ」と語った。

社会科学文献出版社の謝寿光社長は、「民間には独立、理性的な態度が必要で、関係が緊張すればするほど、民間のコミュニケーション・ルートの価値がますます高まっていく。協力のはじめの一歩から強調しているのは、我々が必要としているのは怒りや不満をぶつけることではなく、理性的な声を届けることだ」と語った。

 

歴史の認識は国境を越えるべきであり、青年世代は信頼で溝を埋めるべき

「中日間は地理的に非常に近く、頻繁に『一衣帯水』という言葉で形容される。東京から北京に到着するまでの時間は、北京から中国内の多くの大都市に行く時間よりも短い。しかし、心理的距離は、遠いだけでなく、溝まである」と語る中国史学会会長、中国社会科学院近代史研究所研究員の歩平氏は、「距離を縮め、溝を埋めることが中日の有識者がやるべき仕事だ」という見方を示した。

歩平氏は、「中日の歴史問題を簡単に政治化あるいは感情化させてはならない。相互理解を基礎に、我々は歴史認識が国境を越える重要性を理解するべきだ」として、「自己認識の基礎の上、謙虚で、冷静に相手の視点や認識を理解するべきだ。特に、相手の歴史観が生まれた背景や原因を理解し、意見を交換する中で共通点の認識を探し出すと同時に、認識の違いを受け入れるべきだ」と指摘する。

 

2大国が並列的に存在する時代、改革が引き起こす社会的緊張や不満は民族主義に変わりやすい

討論の中で、北京大学歴史学科の王新生教授は、「現在中日関係を深く討論する際、両国の歴史的背景から離れることはできない。1つには、中日両国の経済の実力が逆転したこと、2つ目は両国共に改革に苦労しており、歴史の転換期に差し掛かっていることだ」という見方を示した。

また王新生教授は、「中国は改革開放から30数年が経過し、すでに輝かしい業績を挙げているが、現在の中国の発展モデルは新しい方向性を探さなければならない時期に来ている。我々は加工貿易の輸出に頼った発展モデルの基本スタイルを転換させなければならないが、改革は非常に困難である」として、「苦難に満ちた改革は社会の緊張や不満を引き起こす。このような不満は特定の条件下で一種の民族主義に変わりやすい。中日両国はちょうど各自が民族主義の感情を吐き出すのに最適な対象である。このため、中日関係は現在最大の苦境に直面しており、これを解決するには時間が必要だ」と指摘した。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved