× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
中日は両国民が共に喜ぶことをすべき
2015/06/22 18:12:10  
 
 


中日友好交流大会に出席している習近平国家主席と日本自民党の二階俊博総務会長

与党自民党の二階俊博総務会長に率いられた「日中観光文化交流団」は、政治、経済、観光、文芸など日本各界の人々3000人からなる、近年では大規模な訪中団だ。中日関係が特殊な時期にある中、この盛大な民間交流には両国のメディア、さらには国際社会が強く注目した。さらに注目されたのは、習近平国家主席が代表団に接見し、中日友好交流大会に出席して、現在の中日関係について談話を発表したことだ。

この活動は少なくとも2つのメッセージを伝えた。第1に、日本国内には中日関係改善を支持し、期待する人が多くおり、民間の対中友好勢力は両国関係の改善と発展を実際の行動によって後押しすることを望んでいる。実際、戦後日本の民間勢力は一貫して中日関係の前進を後押しする重要な要素であり、たとえ両国関係が冷え込んだ時でも、中日友好団体の民間交流活動が中断することはなかった。今回日本の3000人余りの代表団は形式上、観光や文化交流を行ったが、実際には中日友好の雰囲気を醸成し、中日関係の一層の改善を後押しすることを意図していた。

第2に、中国政府は中日関係を強く重視し、中日間の民間友好交流を支持している。習主席が中日友好交流大会での談話で述べたように、中日関係が困難を何度も経験しようとも、中日関係の発展を強く重視するという中国政府の基本方針が変わったことはなく、今後も変わることはない。これは中日関係の大局的、長期的観点に立って確立した方針だ。中日関係がいまだ困難を脱しない中、中国最高指導者が日本の民間人士と面会した。これ自体が両国関係の一層の改善を後押しする中国側の誠実な姿勢を体現している。

昨年11月に中日が両国関係の扱いと改善について4つの原則的共通認識にいたり、両国首脳が会談して以来、中日関係はたゆまぬ改善の基調を呈し、両国間の対話・協議制度が徐々に再開され、民間交流が加速し、ハイレベル接触も増えている。両国民は両国関係の改善を喜び、歓迎している。中国人観光客の訪日人数が昨年増加したことも、両国関係の改善を反映している。

だがこの基調は依然脆弱であり、中日関係に依然として不確定要素が存在することも否定できない。今年は世界反ファシズム戦争勝利70周年であり、中日関係にとって特殊かつ敏感な年だ。もし日本が歴史問題を適切に処理すれば、この特殊かつ敏感な年は対中関係を大幅に改善するチャンスとなる。反対に、歴史問題を真摯に直視しないのなら、この特殊かつ敏感な年は日本にとって厄年となり、中日関係発展の見通しは暗い影に覆われる。

2000年余りの中日交流史の主旋律は平和友好だった。この主旋律は両国民の共通利益に合致する。新たな歴史的条件の下、両国が平和友好という主旋律を引き続き奏で、平和友好を保つことができれば、両国民にとって幸いなことだ。中日は両国民が共に喜ぶことをすべきだ。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved