× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
習近平総書記が語る両岸関係への思い
2015/04/22 12:42:38  
 
 


習近平総書記

中国の習近平総書記は3月4日午後、中国国民党革命委員会(民革)、台湾民主同盟(台盟)、中華全国台湾同胞聯誼会(台聯)の政治協商会議委員合同グループ討論に出席し、「両岸(中国大陸部と台湾地区)関係の平和的発展の道を堅持し、共同発展を促進し、両岸の同胞に幸福をもたらす」ことを強調した。

習総書記は就任から現在までに、台湾各界の関係者と会見し、幾度も談話を発表してきた。これらを総括すると、習総書記の自信、忍耐、誠意、団結心、決心をうかがい知ることができる。

両岸関係の未来に自信

2013年2月25日、習総書記は中国国民党の連戦名誉主席および台湾各界の関係者と会見した際、「我々には引き続き両岸関係の平和的発展を揺るがず推進する十分な自信がある。数々の困難を克服して両岸関係に新たな展望を切り開く十分な自信がある。台湾同胞と手を携えて中華民族の偉大なる復興を迎える十分な自信がある」と述べ、両岸関係への自信を表明した。

両岸関係に存在する問題を忍耐強く解決

2013年2月25日、習総書記は連戦名誉主席と会見した際、「我々は、両岸関係に今も歴史的な問題が残っていることを十分認識している。これからも様々な新問題に直面するだろう。これらの問題を解決するには時間と忍耐、そして双方の努力が必要だ」と述べた。

台湾同胞に最大の誠意を示す

2014年2月18日、習総書記は連戦名誉主席と会見した際、「台湾同胞の幸せに役立つ事、両岸関係の平和的発展に役立つ事、中華民族全体の利益を守るのに役立つ事であれば、我々はその実現に向けて最大限の努力を払う。両岸関係の発展の中で、台湾同胞がより多くの利益を得、我々を含む全ての中国人が素晴らしい生活を送れるようにする」と述べた。

民族復興を実現するには団結が必要

両岸関係について、習総書記はこれまで両岸が手を取り合い、団結することを呼びかけてきた。

2013年2月25日、習総書記は連戦名誉主席と会見した際、「中華民族の偉大なる復興を実現するには、両岸同胞の双方の努力が必要。我々は、台湾と大陸部が共に発展し、両岸の同胞が共に『中国の夢』を叶えることを心から望んでいる」と述べた。

自信、忍耐、誠意、団結心という4つのキーワードは最終的に「両岸関係の平和的発展を推進し、両岸の平和的統一を促進する」という決心につながる。

習総書記のこれまでの談話から、「感情を理解しつつ理論立てて話をし、緩急を使い分け、自信を持ちながらも忍耐強く、感情的かつ理性的に働きかける」という特徴を見て取ることができる。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved