× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
日本に学ぶ中国の大気汚染対策
2015/03/23 14:15:30  
 
 

昨年、「APECブルー」という言葉が市民の間で大きな話題となった。そして今、そのAPECブルーをいかに持続させるかが大きな課題となっている。

1950~60年代の日本の空はスモッグに覆われていた。しかしその後、日本の企業は大気汚染による公害と大きな経済コストに気づき、規制に基づき主体的に排出削減を行った。そして現在では排出情報も一般に公開するようになった。

APECブルーを維持するには、技術だけでなく、制度や企業と政府の関係を変えていく必要がありそうだ。

 

三角形の形をした煙突

2020年に開催される東京オリンピックの選手村候補地の近くに、その「有明清掃工場」はある。周辺には遠く富士山をも見ることができる高級マンションも立ち並んでいた。同工場が、東京湾に隣接したこの地に建てられたのは1990年代。東京23区内に21カ所ある都のゴミ清掃工場のひとつである。

高級マンションのエリアになぜ焼却炉があるゴミ清掃工場が存在しているのだろうか。ゴミを燃やせば大量の有害物質や粉塵が出るはずである。しかし工場ではゴミや排出ガスの臭いは全く感じらない。この記者の疑問に対して、同工場の二階堂久和工場長は笑顔で「東京都のゴミ処理工場から出る気体は空気と同じです。有害物質であるダイオキシンはほとんどありません」と答えてくれた。

「住民の不安を和らげるために、煙突の形を従来の筒型から三角形に変更し、オフィスビルのようなイメージにしました」と二階堂工場長は説明する。さらに煙突から上がる気体は水蒸気であるが、色が白いために煙と誤解されやすい。このため工場は摂氏210度の高温で水蒸気を透明な色に変えているという。

 
北京で開催されたAPEC期間中に見られた青空「APECブルー」

官と民の協力体制作り

有明清掃工場はまさに日本企業の環境保護意識の投影である。1950~60年代の日本は高度成長を図るために石油を大量に消費した。それによって硫黄酸化物の汚染問題が深刻化し、公害問題は大きな社会問題となった。

このため政府は1962年、「ばい煙の排出の規制等に関する法律(ばい煙規制法)」を制定し、環境汚染対策を開始した。しかし単に法律を制定しただけでは、大気汚染の状況は変わらず、60年代の後半においても、日本のほとんどの大都市では空気の質が基準に届かなかった。

環境省のある関係者によると、政府はこうした状況を打開するため、法律を強化するとともに、企業との関係作りにも力を入れ始めたという。「日本の大気汚染対策は技術と制度の両方を重視し、さらに政府と企業が力をあわせることで成功した」と強調した。

日本の企業をどのようにして政府の定めた環境排出基準の協力させたかについては「環境保護政策自体を政府と企業が共同で進めたことが大きい。民間と政府が協力することはとても重要である」と語った。

「1950~60年代、環境汚染は住民に大きな健康被害を与えていた。それによって政府と企業は持続可能な発展と環境保護の重要性を強く認識した。政府の企業は互いに『敵ではなく協力者』という認識を持っていたものの、細部には意見の対立もあった。しかし大きな方向性においては、大気汚染対策には大きなコストがかかるものの、一旦公害が発生した場合は、それ以上の損失になるという見方では一致していた。最も重要なのは企業の環境意識である」と語った。

 

話し合いと強制

企業の環境意識を高めるには「アメとムチ」や「話し合いと強制」が必要である。日本で新たな環境政策が打ち出されるときには、政府・企業・業界団体が話し合いを行う。政府は各種の科学的データを収集し、各界の有識者や業界の代表者を集めて審議会を開催。会議では最も理想的な案が何であるかが議論され、その内容が公開される。

日本の企業に環境基準をいかに受け入れさせるかについては「日本は2004年から揮発性有機化合物の排出に対する規制を始めた。事前に政府が関係業界団体と行った協議で、業界側から厳格な排出規制は望まない旨の意見が提出されたため、30%の削減目標という妥協策がとられた。また削減方法については、企業側に任され、業界にガイドラインを制定するように命じた。そして企業が目標を達成できなければ政府の強制措置により経営上の大きな影響を受けるようにした。また目標を達成しても褒章を与えるようなこともしなかった。褒章を受けることを目標達成の動機にさせないためであった」と語った。

 

主体的な情報公開

中国では現在、「環境保護法」が制定され、「大気汚染防止法」の改定草案が審議されている。立法以外にも一連の行政措置がとられている。

こうした動きに対して日本の環境省は「日本の政府と企業は、中国の大気汚染対策に対して大変注目している。日本は排出削減とともに、中国とも協力関係を続けていく。大気汚染の観測システムなどの技術だけでなく、汚染情報公開などの制度についても中国側に提供していく」と考え方を示している。

「日本では、企業は自ら環境保護活動を実施するだけでなく、排出物に関する情報を外部に公開しなければならない。企業が規制に違反すれば、企業名が政府によって公表される」という。

「有明清掃工場」の展示室には、排出関連のデータが公開されている。二階堂工場長によれば「排出データは1時間ごとに更新される。プリントアウトもされるので、住民や環境団体の人はいつでも見ることができる。またインターネットでも公開しており、工場側も来訪者の質問にいつでも対応している。工場のすぐ外には電子モニターを設置し、排出データを表示している。設置した当時は毎日住民が来てデータを記録していたが、最近はその姿をほとんど見ない。データの真実性について疑問を持たなくなったためと思われる。職員がデータを変更できないしくみになっているし、第三者機関の検査や監督を受けているためである」と話した。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved