× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
中国人はなぜ日本で便座を買いあさるのか
2015/03/23 14:09:04  
 
 

最近ネットで、日本を訪れた多くの中国人観光客がトイレの便座や電子炊飯器、ドライヤー、包丁などの生活用品を買いあさっているという文章が大きな話題となっている。中には、わざわざ外国にまで行って、こんなものを買うなんて、中国製品の面目は丸つぶれだと驚きや嘆きの声をあげる人々もいる。一方、中国製品を馬鹿にしてはいけない。これは、中国消費者が盲目的に海外ブランドを追い求める心理状況によるものだという意見も見られる。個人的には、この奇妙な現象の裏には、恐らく別の深い要因があるのではないかと考えている。


中国人観光客に人気の温水洗浄や瞬時に温まる機能を備えた抗菌仕様の便座

当然、中国にもこういった生活用品は販売されている。では、なぜ日本にまで行って買うのか。

この便座は普通の便座ではない。温水洗浄や便座が瞬時に温まる機能を備えた抗菌仕様の先進的な便座だ。炊飯器も独特の素材と技術を使ったもので、これで炊いたご飯はまるで水晶のようで、釜にこびりついたりしない。ドライヤーはナノテクノロジーが使用され、髪をつややかに潤す。セラミック包丁は通常の素材の包丁に比べて60倍の耐久性を持つ。こういった事実から、現在の一部の中国消費者の需要がよりアップグレードしていることが見て取れる。これらの層は、「使える」という普通のレベルの商品には満足しない。「便利」で「耐久性に富んだ」商品を求めており、さらにそれらの商品がもたらす付加価値を「楽しんでいる」のだ。

現在、中国は模倣型・画一的な消費段階を基本的に終え、個性・多様化した消費が主流になりつつある。日本で生活用品を買いあさる中国人は決して少数派の富裕層ではない。むしろ日増しに拡大している中所得者層である。便座を買いあさる現象はまさにこれらの人々の消費ニーズが国内の商品では満たせなくなったことを示している。さらに、供給する側から見ると、中国はすでに商品供給不足の時代を終えている。また総量から見ると、一部の伝統産業の供給能力は需要を大幅に上回っている。多層的な消費者、特に中・高所得者層の需要を引き出し、それを満足させるには、供給の革新が必要だ。世界には斜陽産業は存在しない。あるのは、斜陽企業だけだ。技術と理念を革新させることができなければ、時代の流れに追い付けず、製品も衰退していくだろう。供給の革新は国内の消費者の需要のアップグレードを満たすだけでなく、経済の成長を牽引し、モデルチェンジ・アップグレードを促進させることにつながる。


中国人観光客が日本の電気製品などを買いあさっていることが話題となっている

このように、単なる便座は、「いかに、供給の革新によって消費の需要を引き出すか?」という大きな問題を突きつけた。企業は、最も付加価値の高いスマイル・カーブの両端を掌握し、高品質のブランド商品を提供するべきだ。土地や労働力などのコスト面の強みを利用した製造業は利益率が低く、経済の「新常態」(ニューノーマル)を迎えた今、持続不可能になっている。我々は先進諸国の製造業の先進的なところを参考にし、研究開発に取り組み独自の知的財産権を有し、技術を高めることに力を注ぐべきだ。また、販売面においても努力し、 ブランドを打ち立て、その名を世界中に知らしめるべきだ。これは、非常に険しい道ではあるが、この道を通らなければ企業をバリューチェーンの付加価値の高い方へと押し上げることはできない。また、これでしか国内消費者の消費のグレードアップのために、より多くの選択肢を提供することはできないだろう。

政府は、供給管理能力を高めることで供給の革新を促進させるべきだ。改革によって、個人や企業の創造力を十分に発揮させ、大衆創業や革新的雰囲気を打ち立て、効果的な供給を拡大し、経済の活力を刺激させる。同時に、市場の法令を完備し、知識財産権を保護し、公平な競争による市場環境を築いて、海賊版・コピー製品を取り締まり、革新に原動力や見返り、保証をもたらすべきだ。

中国製品は日本の便座に「盲点」を突かれたと主張する人もいるが、我々が圧力を原動力に変えて、絶えず供給の革新を行い続ければ、遠くない将来、中国製の便座が大きな「売り」になることを信じている。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved