× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
日中綜合情報
 
 
 
 
広東、福建両省が1人あたりのGDP1万ドル突破 中国の4分の1が「1万ドル」省市に
2015/02/05 13:03:12  
 
 

中国各地でGDPなど2014年度の統計データが出始めている。広東、福建両省の1人あたりのGDPは1万ドルを超え、「1万ドル」を突破した中国の省区市は8つになった。2月2日、人民日報海外版が伝えた。

広東省の昨年のGDPは前年比7.8%増の6兆7800億元で一人当たりのGDPをドル換算すると1万330ドルだった。福建省のGDPは2兆4055億7600万元で、一人当たりは1万376ドルだった。

最初に1万ドルを超えたのは2008年の上海で、7年間で全国の4分の1にあたる8省区市がこの水準に達したことになる。内モンゴル以外はどこも経済が発展した沿岸地域だ。

統計学において1人あたりのGDP1万ドルというのは、経済力を図る重要な分水嶺といわれる。2013年時点で世界では65国・地区が1万ドルを超えている。

統計によると先進国では国民所得は1人あたりのGDPの55%とされる。しかし中国では多くの都市で40%に満たない。広東では40%、福建では37%となっており、「中国の経済成長は消費ではなく投資主導となっており、恩恵が庶民に及び切れていない」と指摘する専門家もいる。

(編集翻訳 浦上早苗)

 
  情報元:新華経済  
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved