× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
日中綜合情報
 
 
 
 
北京の1月の住宅市場、回復基調
2015/02/05 12:59:56  
 
 

昨年末からの政策支援などを受け、不動産市場は回復基調にあるが、中でも北京では居住目的の住宅がけん引し、成約が増えている。高級住宅の販売を控え、成約価格の上昇も期待される。2月3日、網易財経が伝えた。

亜豪機構によると1月の北京の新築分譲住宅の成約件数は9213件で、成約面積は94万9200平方メートルだった。12月に比べるとそれぞれ21%、23%減少したが、前年同期比ではそれぞれ22%、26%伸びた。

価格をみると、1月の北京新築住宅の平均成約価格は1平方メートルあたり2万7290元で、前月比では6%、前年同月比でも5%上昇した。

また、中原地産によると今年1月の北京の中古住宅成約件数は1万2738件で、前月比では13%減少したものの、前年同月比45%増加した。平均成約価格は1平方メートル3万400元で、前月から1%上昇。北京の中古住宅価格は4カ月連続の上昇となった。

中原地産チーフアナリストの張大偉氏は「不動産価格は反発に転じたと言っていい。これ以上の調整は考えにくい」とコメントした。

ただし、居住目的の住宅以外の動きは鈍く、先行きについて楽観的な見方ばかりではない。  

亜豪機構の啓シン副総経理は「数値上は好調だが、不動産市場をテコ入れする政策の効果は次第に薄れるだろう。回復が続くかどうかは、これからの政策を注視しなければならない」と指摘、「これから1平方メートル10万元レベルの高級住宅の売り出しが相次ぐので、北京の住宅価格が上昇するのは間違いないだろう」と述べた。

(編集翻訳 浦上早苗)

 

 
  情報元:新華経済  
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved