× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
コラム
 
 
 
 
〈連載〉黒船来航と洋学②
2度目の来航と横浜応接
加藤 祐三 前都留文科大学長
2014/06/16 17:54:51  文/加藤 祐三
 
 

ペリー提督はアメリカ東部の軍港を出航して大西洋を渡り、アフリカ南端からインド洋に入り、中国で思わぬ時間をとられたが、沖縄・小笠原を経由、約7ヶ月半後に浦賀(神奈川県)に現われる。蒸気船の石炭積載量と航行能力の関係から、まだ貯炭所がない北太平洋は横断不能な「空白」であった。

1853年7月8日、浦賀沖に停泊した艦隊サスケハナ号に向けて、浦賀奉行所の船からオランダ通詞の堀達之助が英語で呼びかけた。"I can speak Dutch"(当方はオランダ語が話せる)。すぐに艦上に招かれ、与力の中島三郎助とペリー副官コンティがオランダ語を介して話し合いに入る。


久里浜での軍楽隊の行進 手と足を左右対照に前へ出す現代風の歩き方を初めて見る。横浜市中央図書館蔵

オランダ通詞とは、長崎奉行の下、代々世襲でオランダ語の4技能(読み・書き・聞き・話す)を完璧に修得したエリート集団である。長崎のオランダ商館との対応(貿易と外交)に当たり、その一部が異国船の来航が想定される浦賀に配置されていた。

老中首座の阿部正弘(内閣総理大臣相当)の率いる幕閣は、軍事力の「誇示」とその「発動」の違いと、鎖国政策で外洋船(軍艦)を持たない現状を冷静に判断し、積極的に対話外交を模索した。ペリーが大統領国書の受理を求めると、慎重審議のうえ、急ぎ久里浜(浦賀奉行所のすぐ南)に応接所を建設し、受理した。日本人絵師が軍楽隊に先導される「総大将」(ペリー)の行進を描いている。

ペリー艦隊は、大統領国書への回答期限を来春と言い残して、9日間で日本を去る。そして2度目の来航は翌1854年2月、浦賀沖を過ぎ、江戸湾内海への入り口(もっとも狭い観音崎と富津の間)を突破、横浜沖まで進み、錨を下ろした。計9隻の大艦隊(世界最大の蒸気軍艦3隻を含む)である。

双方で協議のすえ、応接場は戸数90ほどの横浜村(現在の横浜大桟橋近く)と決め、大広間、内室、賄所等を備えた100畳ほどの木造平屋を急造する。


横浜応接 手前右端が林大学頭、その対面がペリー。左奥で画帳を広げるのが画家ハイネで、多くの記録画を残した。横浜市中央図書館蔵

1854年3月8日、与力の香山栄左衛門らが旗艦までペリー一行を迎えに行った。上陸したアメリカ将兵は446名と日本側が記録する。大広間には、林大学頭(はやしだいがくのかみ、旗本養成の唯一の大学・昌平校塾頭)を筆頭に5名が正座して待つ。背後には、大刀を捧げ持つ家臣が座す。その正面に軍服にサーベルとピストルで正装したペリーと副官など5名が対座し、護衛するように多数の将校らも着席した。

5日前、林は急ぎ登城して阿部老中から新たな指示を受けていた。

(つづく)

(都留文科大学長ブログ掲載「黒船来航と洋学」を補正、5回に分載)

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved