× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
 
人民日報海外版
 
 
 
 
中国原子力産業
ウラン濃縮技術が国産化
2013/07/28 10:37:40  
 
 

中核グループは6月21日、蘭州ウラン濃縮基地で、中国の原子力産業における核心的技術――ウラン濃縮技術が完全に国産化し、国際的な先進レベルに到達したと公表した。これは中国のウラン濃縮産業が国際競争に参入するための技術的基礎を固めたもので、中国がロシアなど少数の国家に続いて、自前のウラン濃縮技術を確立し工業化応用に成功した国家となったことを示すものである。

原子力発電所の大部分はウラン235の含有量が2%から5%の低濃縮ウラン燃料を使用している。しかし天然ウランにはウラン235が0.7%しか含まれておらず、残りの部分はウラン238である。そのため、ウラン235の分有量を上げるための方法を設定しなければならない。

現時点では、気体遠心分離法が国際的にウラン235含有量を上げるための主要な方法で、原子力発電所用の核燃料生産の核心技術であり、国家の原子力技術レベルを示す重要なバロメーターとなっている。

中核グループの雷光技師長は「さらに先進的で経済的な新しい遠心分離技術研究開発を進めており、すでに核心の技術研究において大きな進展を見ている」と語っている。

 
  情報元:人民日報海外版日本月刊  
 
 
妛峑 IT 晄摦嶻嬈 堸怘嬈 椃峴嬈 朄柋丒峴惌 嬥梈
塣桝嬈 捠怣嬈 恖嵽攈尛徯夘 堛椕丒寬峃 寶愝嬈 屸妝嬈 偦偺懠嬈庬
 友情链接: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
电话:代表 03-3980-6635 编辑部 03-3980-6639 营业部 03-3980-6695
Copyright 2004 JNOC, All Rights Reserved