× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
   
北京・故宮博物院展が東京富士美術館で盛大に開幕
 来源:日本新華僑報網  发布时间:2012/03/29 17:27:43
 

 

日中国交正常化40周年の記念として、2012年3月28日、「地上の天宮(てんきゅう) 北京・故宮博物院展」が東京富士美術館で盛大に開幕した。展覧会は東京富士美術館と朝日新聞社の主催で、北京故宮博物院の全面的支援の下、開催された。程永華駐日中国大使、北京故宮博物院の陳麗華副院長が開幕式に出席し、挨拶を述べた。15カ国の駐日大使館・領事館関係者約600名が来賓として参加し、展覧会を参観した。

程永華氏は中国大使館を代表して、展覧会開催に対し、心のこもった祝辞を述べた。「池田大作創価学会名誉会長の積極的な呼びかけの下、東京富士美術館、朝日新聞社など各方面のご努力により、ついに展覧会を開催することができました。北京の故宮博物院は中国の明・清時代の皇宮で、現在は約180万点にのぼる文物が収蔵されています。今回の展覧は、初めての女性をテーマとした展示になっています。特に、《女孝経図(おんなこうきょうず)》は海外初公開になりますが、この作品は中国文化の重要な一面を反映しており、日本国民や在日の各国の皆さまにこの最高の作品を鑑賞していただければ、必ずや見聞を広めていただけるものとなるでしょう」。

当展覧会は2011年から始まり、北海道などの各地で開催され、70万人以上の参観者を引きつけた(2012年7月末時点で累計観賞者数が100万人を突破した)。これは中日双方の努力が実を結んだ結果だ。

陳麗華氏は故宮博物院を代表し、展覧会の開幕に心のこもった祝辞を述べるとともに、今回の展覧会の「舞台裏エピソード」を紹介した。「『地上の天宮展』は、東京富士美術館と北京故宮博物院が1995年に初めて共同開催した展覧会以来、共同開催する大型文物展としては2度目になり、交流と協力の成果を大いに反映したものとなっています。展示している文物は故宮博物院の180万点にのぼる所蔵品の中から厳選したもので、コンセプトは、中国古代の禁断の皇宮の神秘のベールをはがし、かつての宮中の生活の中での后妃や皇子の世に知られざる物質・精神世界を再現し、参観者に時を超えて歴史を感じてもらうというものです。今年はちょうど中日国交正常化40周年ということもあり、今回の展覧会が、中国古代のきらびやかな文化を展示し伝播するユニークな窓口でありプラットフォームとして、中日両国の文化交流を促進し、両国民の相互理解、信頼、友好関係を深めるために、プラスになる重要な役割を果たしてくれることを願っています」。

この2度の故宮博物院展を通して、日本国民が中国文化をいっそう深く理解し、中日の友好的な交流を促進できれば、両国の間には「金の橋」が架かるだろう。

今回の展覧会は「故宮の后妃たち」「故宮の子どもたち」の二部構成で、貴重で珍しい約200点の絵画、工芸品、服飾、宝飾品などが展示され、東京富士美術館では3月29日から5月8日まで開催された。

 

 
   
ホット動画更多
北京・故宮博物院展が東京富士美術館で盛大に開幕
『人民日報海外版日本月刊』創刊5周年記念
黒川慶二郎「優れたアニメは子ども達の未来を創る」
アニメメカの父、大河原邦男氏が語るガンダム
松本零士「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはならない」
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved