× CLOSE
   
中国語 | 日本語 | お気に入り追加
検索  
   
自らを犠牲にした佐藤充さんに救助された中国人研修生が再来日
 来源:日本新華僑報網  发布时间:2012/02/03 9:59:19
 

 

2011年3月11日の東日本大震災津波発生時に、宮城県牡鹿郡女川町の「佐藤水産株式会社」専務だった佐藤充さん(当時55)は、中国人研修生20人を救助した後、会社に戻る途中で津波に飲み込まれて犠牲になった。

危険を顧みず中国人研修生救助に命を捧げた佐藤充さんの行為は、日中両国国民を大きく感動させた。中国の温家宝総理も被災地を訪問した際に、佐藤充さんのことに触れ、「国籍にかかわらず救助した行為を高く評価している。日本国民の中国人民に対する友好感情を実感できた」と称賛した。

2012年2月3日昼前、東日本大震災津波発生時に命を救われた中国人研修生の内5人が、「佐藤水産」での実習を再開するため、中国南方航空CZ629便で東京成田空港に到着した。

この5人は、空港で『日本新華僑報』記者の取材を受けた後、バスで宮城県に向け出発した。聞くところによれば、彼女たちは「佐藤水産」の地震後の再建にも参加し、今年の8月に研修を終え帰国することになっている。

日本新華僑報網記者(王鵬 周周)が東京から伝えた。

 
   
ホット動画更多
自らを犠牲にした佐藤充さんに救助された中国人研修生が再来日
『人民日報海外版日本月刊』創刊5周年記念
黒川慶二郎「優れたアニメは子ども達の未来を創る」
アニメメカの父、大河原邦男氏が語るガンダム
松本零士「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはならない」
学校 IT 不動産業 飲食業 旅行業 法務·行政 金融
運輸業 通信業 人材派遣紹介 医療·健康 建設業 娯楽業 その他業種
 リンク集: 新华网中国网新浪网光明网大公网文新传媒侨报网欧浪网欧洲华人在线
 
会社紹介 | 事業紹介 | 広告サービス | 印刷サービス | 『人民日報海外版日本月刊』購読申込 | お問い合わせ | 情報守秘義務 | 著作権と免責事項
 
 
(株)日本新華僑通信社
 
住所:171-0021 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル4F
電話:代表 03-3980-6635 編集部 03-3980-6641 営業部 03-3980-6695
Copyright © 2004 JNOC, All Rights Reserved